2011年06月
創業1968年。ノニやウコンを中心に健康食品を全国に通販の仲善

2011年06月

ノニのことなら創業1968年・沖縄の仲善(TOP) > ノニ特集

ノニスタッフブログ

  • ノニ特集TOP
  • ノニとは
  • ノニ商品ができるまで
  • ノニQ&A
  • お客様の声

« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

2011年06月 アーカイブ

2011年06月30日

「落 書 き」

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA063011.jpg


バナナに落書きをしたのは誰でしょうか???

もしかして販売価格かもそれとも、何かのメモでしょうか・・・

ご参考までに申し上げますと、傷んだバナナではありません。

しっかりとした商品です。もちろん味もなかなかのものです。

果物の宝庫でありますダバオには、いろいろな種類のバナナが町に溢れております。

そのまま食べる普通のバナナ、そして焼いたり、油で揚げたりなど

日本の食文化とは異なる、南の島の食文化が存在しています。

ダバオに行く機会がありましたら、是非本場のバナナご賞味くださいませ!

2011年06月29日

「ノニの自生地」

noni062911.jpg


こんなきれいな場所で、ノニは自生しております。

ストレスはさまざまな要因を引き起こします。

その殆どはマイナス要因につながり、逆にストレスがない場合は、
プラスの要因につながる可能性大です。

植物にもそれは当てはまると感じています。

さまざまな有用成分は、原種そのものに備わっている力も必要ですが、

環境もそれを後押ししてくれると、この風景を見た瞬間感じました。

私たちは、恵まれた環境が与えてくれました原料を使用しております。

現場主義は大切な仕事であると信じております。

2011年06月27日

サンチャゴ要塞


%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B4%E8%A6%81%E5%A1%9E062711.jpg

スペイン統治時代、1571年から150年もの歳月を費やしてイントラムロス内に建てられた石造りの要塞
その後、イギリスやアメリカなどの軍司令部と使用されました。

現在は、緑豊かな公園として開放されています。

要塞内には、フィリピンの国民的英雄「ホセ・リサール」記念館があります。

撮影:フィリピン・マニラ


2011年06月25日

 「ノニの花」

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1062511.jpg

2011年06月24日

「ノニの果実茶」


%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E8%8C%B6062411.jpg


「ノニの果実茶」 ティーバッグ3,5g×30包

自然の原料を使用しました果実茶

美味しい商品ではありません、でも「カラダにいいノニ」

一度は 「飲んだらいいノニ」 そんなこだわりの一品

フィリピン・ダバオより ご案内申し上げます。

2011年06月23日

 「ノニの大木」


%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AA%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%9C%A8062411.jpg


海岸線から、陸地・森に向かって歩いていますと、巨大なノニ木を発見しました。

幹廻りもしっかりとしています。太陽の光を求めて、上へ上へと大きくなったのでしょう。

森のなかでは余り目に付きにくい木です。十数年もの年月をかけて成長したノニの木

次回この島を訪れる日を楽しみにしています。

2011年06月22日

 「自生海岸」

%E8%87%AA%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%AB062211.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月21日

「ノニ洗浄作業」


%E6%B4%97%E6%B5%84062111.jpg


フィリピン・ダバオ1次加工場、ノニ果実「洗浄作業中」です。

収穫されましたノニは、原料チェック(目視、計量)、選別、洗浄工程、水切り後、計量検査、消毒を行い樽に保管されます。

収穫時期や、収穫地によっては大きさや形、色具合もさまざまです。

天然の果実ですので納得できます。

今回収穫されましたノニは、大きさ、色、文句なしの原料ですね!

2011年06月20日

「ファッション」

%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8A%E4%B9%97%E3%82%8A%E7%89%A9062011.jpg


撮影:フィリピン・セブ島

2011年06月19日

青空とヤシの木


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E7%A9%BA061911.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ


2011年06月18日

 「路上販売」


%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E8%B2%A9%E5%A3%B2061811.jpg


スナップですが、道路を横断している人ではありません。

立派な、「路上販売」の最中です。

コンビニエンスのような便利なショップは存在しませんが、

ポイントによっては、信号待ちのわずかな時間を使っていろいろな販売をしています。

飲料水、雑貨、果物、サングラス等・・・

但し気をつける事があります。日本人の場合高い値段を請求される可能性があります。

又、治安の悪い場所では危険を伴う場合もありますのでご注意下さいませ。

以前袋入「ピーナッツ」を食べましたが、ガーリック風味で結構行ける味で満足しました。

道路事情、日本では人が優先。現地では車が優先です。

彼らは慣れていますが、危険を伴う仕事だと感じました。

2011年06月17日

「ミラクルノニ」


%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E5%BD%B1061711.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ湾

2011年06月16日

 「ダバオノニ」

dabao%E3%83%8E%E3%83%8B061611.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月15日

 「ジプニー」


%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%BC061511.jpg


「ジプニー」は、フィリピン名物としておなじみの車です。

ダバオでも市民の重要な足として活躍中

ちなみに、未だ乗った事はありません。

ダバオ市内ではトライ出来ると思いまが、マニラ市内ではその勇気はありません・・・

2011年06月14日

「若いノニの木」


%E8%87%AA%E7%94%9F%E3%83%8E%E3%83%8B061411.jpg

海岸線で「若いノニの木」を発見しました。

特徴としましては、葉の色が深い緑色をしており、成熟しました葉よりも厚みを感じます。

しっかりと太陽の光を浴び、エネルギーを蓄えそして成長すると予想いたします。

岩場や砂地でもしっかり水分・栄養分を吸収できる根も、生命力の強さを感じます。

山間や、沼地などいろんな場所で自生いたしますノニの木

有用成分の「スコポレチン」ですが、どうやら海岸線に自生いたしますノニの木に多く含まれている用です。

ミネラルは重要なポイントだと思います。

沖縄でもノニを栽培していますが、たまに「海水」を散布するそうです。

赤道に近いこの場所が、ノニにとっては最高の楽園でしょう。


2011年06月13日

 「ダバオ湾」


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E6%B9%BE061311.jpg


島の名産「バナナ」が好景気を生んでいます!

ダバオ湾から東南アジア・日本・沖縄・そして中国などへ輸出・・・

市内の至る所で、経済発展の恩恵を見ることができます。

そのひとつが、信号機の増加と交通渋滞でしょうか!

2011年06月12日

「 市 場 」

%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%94%BA%E4%B8%A6%E3%81%BF061211.jpg


ダバオ市内のスナップです。人通りはにぎやかです。

治安も大変よく、気持ちよく楽しめます。暑さは気になりますが・・・

商店街で目にしますのは、「バナナ」王国ダバオ!

いたるところでフルーツの品揃えがされています。

お勧めは「マンゴスチン」 くせになりそうです。

梅雨明けの暑い沖縄、ダバオは年間このような気候です。

湿気はすくなく、寒さが苦手な方には文句なしの憩いの国です!

2011年06月11日

dabaocity

davaocity061111.jpg


赤道に近い島ダバオ、漁船の横文字には「DABAO CITY」

以前、このような文字を目にした記憶はありません。

安全対策など、いろいろな面でダバオ市は進化中です。

強い紫外線の為、タオルで顔を保護しています。

海上では海風が吹き、さほど気にならない暑さです。

後方の民家では、洗濯された衣服が風に揺れています。

もしかして側にある木「ノニの木」かもしれません・・・

今日の漁が大漁でありますように!

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月10日

「ノニ自生の島」


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA061011.jpg

フィリピン・ダバオ  なんともすばらしい環境でしょうか!

実は画像右側には、「ノニの木」が自生しています。

厳しい岩場ですが、葉はイキイキ、実もしっかりしています。

近場の海では、現地のボートがゆっくりと通りすぎていくそんな自然が溢れる島

ストレスのない「ノニ」には、有用成分がぎっしり詰まっているに違いありません。

ダバオ産ノニ果実を主原料とした「ミラクルノニ100%」

大変飲みづらい商品ですが、リピート率NO1

是非、ご体験下さいませ!

2011年06月09日

 「マニラ上空」

%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%81%AE%E7%A9%BA060911.jpg


ただ今マニラ上空通過中です。

沖縄からマニラ、直線で結びますとおおよそ、沖縄⇒東京間よりも短い距離です。

そうしますと、身近な外国ですね!

ちなみに、快適な空の旅は最高です。

「ノニ太郎」、別名「台風太郎」と呼ばれていました。

台風はこりごりです!

2011年06月08日

「いい感じです」


rizo-to060811.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月07日

 「マニラ空港」


manira%E7%A9%BA%E6%B8%AF060711.jpg


撮影:フィリピン・エアーポート ターミナル2

2011年06月06日

 「ノニの花」

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1060611.jpg


「ノニの花」、とても可愛い白い花を咲かせます。

サイズは小さく、独特な香りはしません。

いつも目にしますが、アリさんが沢山群がり一応人気物見たいです。

現地の人々にとっては、発酵した果実の香りが不評で伐採も多くなっています。

2011年06月05日

バナナ・マンゴー

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E5%90%8D%E7%94%A3060511.jpg


ダバオ湾をバッグに、名産物「バナナ&マンゴー」

記念撮影です。


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月04日

 「天然の木陰」

%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8%E9%99%B0060411.jpg

天然の木陰を発見しました。なんとも心地良いことでしょうか・・・

リゾートしても有望な「ダバオ」

その魅力是非、体験して下さい。

サラマット ポー!

2011年06月03日

空を見上げると


%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%9C%A8060311.jpg


ダバオの離れ島 青い空を見上げますと・・・・

「ノニの木」と「ヤシの木」、そして入り江の海の鮮やかさに感動!

本当にいいところです。

2011年06月02日

 「赤と白の花」

%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%A8%E6%B5%B7060211.jpg


ダバオと言えば、野生の「ラン」が有名で、

固有種の多さは世界屈指といわれています。

okinawaでもよく見られます、ブーゲンビレア

白色の花はめずらしく、ダバオでは2回目の対面です。

赤道に近い島、植物の宝庫です。

2011年06月01日

フィリピン犬

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E7%8A%AC060111.jpg

もしかして、「フィリピン・エディブル・ドッグ」

フィリピン原産の犬種が存在してるそうですが・・・

かわいらしい目をしています。

のんびりと海を見つめながら、最高の生活???

いいですね!

プロフィール

ノニ太郎君

ノニ太郎

この度「ミラクルノニ」ブログコーナーを担当します、ノニ太郎です。

独特な匂いと味が特徴です。一度試すと忘れられない「ノニ」! 自然の中でたくましく育つ「ノニ」やフィリピン・ダパオの紹介等、ノニ太郎が見た「スナップ」写真を中心に紹介していきたいと思います。

よろしくノニ!

月別アーカイブ

最上級のこだわりを求める方に

お問い合わせ窓口

ノニブログ

お徳情報!ノニやウコンの健康情報メールマガジン登録