フィリピンの風景
創業1968年。ノニやウコンを中心に健康食品を全国に通販の仲善

フィリピンの風景

ノニスタッフブログ

  • ノニ特集TOP
  • ノニとは
  • ノニ商品ができるまで
  • ノニQ&A
  • お客様の声

プロフィール

ノニ太郎君

ノニ太郎

この度「ミラクルノニ」ブログコーナーを担当します、ノニ太郎です。

独特な匂いと味が特徴です。一度試すと忘れられない「ノニ」! 自然の中でたくましく育つ「ノニ」やフィリピン・ダパオの紹介等、ノニ太郎が見た「スナップ」写真を中心に紹介していきたいと思います。

よろしくノニ!

月別アーカイブ

最上級のこだわりを求める方に

お問い合わせ窓口

ノニブログ

お徳情報!ノニやウコンの健康情報メールマガジン登録

ブログトップ>>フィリピンの風景

フィリピンの風景の記事一覧

2012年11月23日

ノニの花

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1231112.jpg

ノニは、インドネシアを中心にインド、太平洋諸島、オーストリア東部、フィリピン、台湾、沖縄などに広く分布しています。果実の種が海流にのり、あるいは海洋民族や貿易船の移動に伴い分布されたようです。

ノニの花は、頭状花序をなし、径1.5 - 2cmの白色、通常5弁だが6弁の花もあるそうです。

日本ではノニ果実を食用とした歴史はないが、東南アジア諸国や太平洋諸島ほか熱帯地域では健康維持、スタミナ増進、病気の予防等のためにポピュラーな存在である。ノニの実はこれら熱帯地域で古くから食べ物として利用されており、文献も記録されている。1700年代後期に英国海軍のキャプテンだったジェームズ・クックはタヒチの原住民がノニの実を食べていた事実を記している。またロンドンで1866年に出版された書物では、フィジー諸島の原住民がノニの実を食べていたと述べている。さらに後の出版物にはノニの実が太平洋諸島や東南アジア、オーストラリア、インドで食用に利用されたことが載っている。ラロトンガで原住民がノニの実を常用していたことが記されている。オーストラリアの原住民アボリジニがノニの実を好んでいたことも報告されている。サモアではノニの実が常食されたことが記されている。1943年にメリルはポリネシア群島に野生する食用植物および毒草に関する解説書を書き、その中でノニが食用植物であり、その葉や実は緊急災害時の食物として利用できると述べている。


2012年11月17日

楽園ダバオ


OK%20%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA.jpg

2012年10月25日

自生地です

%E8%87%AA%E7%94%9F%E5%9C%B0.jpg


今晩は! ノニ太郎です。

ノニの自生地をご紹介いたします!

言葉がでない程すばらしいロケーションです。これぞ「手つかずの大自然」

そして、ノニ果実からもすばらしい有用成分の結果がでました。

まさに「ミラクル」ノニですね!

ノニジュースでのうがい、最高にいいですよ・・

是非お試しください。


2012年10月08日

ミンダナオ

OK%E9%81%B8%E5%88%A56696.jpg


今朝の琉球新報、「ミンダナオ和平 合意」 16年に新自冶発足の見出しがありました。

ミンダナオの長年の問題である、平和をめぐる大きな転機になりそうです。

現地視察の際、重装備によるマリーンによる検問を何度か経験しました。

「銃から鍬(くわ)」へ転換を図る時が来た」 期待致します。

スナップは現地加工場・選別工程

大変の労力を伴います。

ヘタ取り作業、選別作業、洗浄作業、消毒・樽詰め作業、計量後出荷されます。

本物とは地道な作業の繰り返し、そして手を抜かない事だと感じます「ノニ」


2012年09月16日

ノニ100%

%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%83%8E%E3%83%8B.jpg


こだわっています!

果実100%ジュース。ちいさなこだわりを積み重ねることにより、

大きなな信頼を得ております。

「ミラクルノニ100%」、大自然からのプレゼント!

2012年09月08日

自生海岸

%E8%87%AA%E7%94%9F%E6%B5%B7%E5%B2%B8OK.jpg


良質な原料は、自生します環境が生み出してくれます。

澄み切った空気、赤道に近い気候、恵まれた雨と太陽の光・・

そして、自然と人間との共存も不可欠です。

豊富な有用成分は自然の恵みそのもです。

「スコポレチン」、「中鎖脂肪酸」

免疫の改善に期待されています。


noniok.jpg


2012年09月05日

マーケット

%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.jpg


フィリピン・ダバオ・・・素朴な雰囲気が大好きです。

青い空に、赤いパラソルが南国らしさを演出しています。

遠い昔の沖縄が残っています・・・・


2012年09月01日

トロピカル

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg


南国 フィリピン・ダバオ

トロピカルな癒しの空間をお楽しみください。

2012年08月26日

バ ナ ナ

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A.jpg


8月26日、琉球新報に掲載されています「比から旧盆用バナナ到着」・・・

旧盆のお供え用の生鮮バナナ、パイナップルなど31万キロ超が県内に到着。

産地はもちろん「ダバオ」です!

台風の影響を受けない赤道に近い島、そこにはノニも自生しています。

2012年08月22日

天然果汁

%E3%83%8E%E3%83%8BOK.jpg


天然ノニ果実のみで仕上げました「ミラクルノニ100%」

フィリピンの恵まれた環境で成長した果実100%を使用

もちろん添加物は一切含まれておりません。自然の恵みを凝縮したこだわりのジュース

独特な香りは「中鎖脂肪酸」、抗菌パワーは「スコポレチン」の証でしょう!

体にとってなくてはならない栄養素「アミノ酸」が豊富に踏まれ、まさにスパーフルーツ。

必要な栄養素はこれ1本で補う事ができます。

体力の減少が気になる方、咽の調子が優れない方にお勧めです。

2012年08月19日

国際電話


%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E9%9B%BB%E8%A9%B1.jpg

日本への国際電話

日本へのクレジットカードコール、又はコレクトコール(着信人払)

受話器を取って「10.10.20」を押し、5秒ほど待ってガイダンスが出たら、日本語は2です。

日本語で表示されている便利な国際電話 (マニラ空港・国内腺)

2012年08月17日

イージーマネー


ri%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8.jpg


明るくフレンドリーなフィリピン人。庶民の人気番組は、簡単なクイズに正解すると、

賞金がもらえる内容である。日本では「一攫千金」のようなものでしょうか!

フィリピンではこれを、「イージーマネー」と呼ぶ。町中に宝クジ屋や質屋が多いのも、

イージーマネーを好む表れであろう。

2012年08月04日

珍しい動物

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E6%9E%9C%E5%AE%9F100%EF%BC%85%EF%BC%96%EF%BC%92%EF%BC%99%EF%BC%91.jpg


前回はフィリピンメガネザル(ターシャ)を紹介させていただきました。

もうひとつ珍しい動物が存在します。ミンダナオ島のみにすむ「ミンダナオジムヌラ」、

ハリネズミの一種。ハリネズムといっても針毛はなく見かけはただのネズミ。

ただ頭骨など調べていくと、かなり特殊に進化していて学術的にも極めて貴重です。

フィリピン最高峰アポ山とその近くのふたつの山(標高1700m以上)に住んでいます。

画像は収穫・洗浄されたノニ果実、自生するノニ果実が豊富なミンダナオ島も

珍しい地域(国)でしょうか!

2012年08月02日

メガネザル

sarisaizu%E5%B8%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E5%8B%95%E7%89%A96275.jpg


マニラ空港国内線、 ロビーの壁にメガネザルの「ターシャ」の画像が・・・

メガネザルという名称の由来となった大きな眼に大きな耳が特徴である。

重量100グラム程度の小型の霊長類。

眼球1つの重さは3グラムと、脳の重さとほぼ同じである。

フィりピンでは、ボボール島以外に、サマール島、レイテ島、ミンダナオ島にも生息。

主食は昆虫、一度は見たい希少動物ですね!

2012年07月31日

青空とノニ


%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%9C%A83180.jpg


赤道に近い太陽の光を一杯浴びて成長します「ノニの木」

世界にはいろいろなノニが存在します。北限にあたります沖縄ノニは小ぶりの大きさ、

フィリピン産ノニはそれよりも少し大きめになります。
(但し、収穫地・時期により異なる場合もあります)

赤道直下のインドネシアノニもフィリピン産とほぼ大きさは一緒だと思います。

それよりも大きめなサイズは、ハワイノニ・タヒチノニでしょうか!

ミラクルノニに使用されます原料は、フィリピン産天然ノニを使用しております。

その理由は、果実に含まれます豊富な有用成分と天然が全てです。

撮影場所:フィリピン・ダバオ

2012年07月29日

「火山の島」


risai2%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF3120.jpg

太平洋の西、アジア大陸に沿って北から南に連続する島々は環太平洋造山帯といわれ、
活発な地殻変動を繰り返している。日本列島もその造山帯にぞくしている。
フィリピンも同じ成り立ちと考えてもよいだろう。
地質は変化に富み、各所に大きな断層が走り、多くの火山をもつ。

大小7107にも及ぶフィリピンの島々成り立ちを考えるとき、一番大切ななのが褶曲(しゅうきょく)。
褶曲とは地球規模のしわ・・・
フィリピンは大きく3つの褶曲帯によって仕切られている。このしわが陥没し海峡ができたり、一部
隆起して島が生まれる。これらの地質的な活動は安定期入っておらず、むしろ若い。
大山脈あり無数の火山ありと変化に富む。
さらに熱帯性気候で雨が多いため、熱帯雨林やサンゴ礁が発達し、すばらしい大自然を造りあげている

こような環境が天然ノニの有用成分に蓄えられたと推測いたします。

2012年07月26日

果汁100%


risaizu%E3%83%8E%E3%83%8B%282%29.jpg


「ミラクルノニ100%」  天然ノニ果実のみを使用

収穫地は赤道に近い島ダバオ、手作業で選別されたノニ果実を熟成発酵

100%自然素材から生まれた商品です。

2012年07月24日

 海産物


%E3%82%8A%E6%B5%B7%E7%94%A3%E7%89%A98231.jpg


ダバオ市内 地元の大きなマーケットを視察した時の画像です。

海産物、果物、服飾などさまざま品揃えです。

那覇の公設市場を連想いたします。


%E3%82%8A%E5%B8%82%E5%A0%B4_8230.jpg


2012年07月22日

神秘の島々


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6.jpg


大自然が織り成す景観は、時に見るものを圧倒します。そしてときにどこか心和ませてくれます。

熱帯植物が生い茂る原生林、手付かずの海と見事な珊瑚礁。

赤道に近い島ダバオ、天然ノニはストレスのない環境で成長しております。


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4kazitsu%204662.jpg


2012年07月21日

のどかな

%E3%82%8A%E9%A2%A8%E6%99%AF6693.jpg

ダバオ市内、裏通りの風景です。スローナ時間を楽しめます。

心の豊かさを味わうことができます。

%E3%82%8A100%256740.jpg

2012年07月09日

未知の海


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%B5%B7.jpg


未知との遭遇

初めて目にする、水面に映し出されたダバオの雲・・・

いつもと異なるコースを移動中遭遇しました。

写真集で見たことはありますが、本当に綺麗です。

風ひとつない海面のマジック、彼方には「神の島」が見え始めました。

そこには自生ノニが存在しているとの噂が・・・

沖縄の久高島を想像します。

2012年06月22日

スイートポメロ

risaizu%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%A1%E3%83%AD.jpg


ダバオ市内、お土産や自家用としてポメロがこのような光景で販売されています。

果物王国ダバオ、ドリアン、マンゴスチン、バナナなどが有名です。

フィリピンの人々にも好まれていますポメロ(Pomelo)

空港・手荷物カンターでは、お土産として良く目にします。


参考までにポメロは、マレー半島原産のムクロジ目ミカン科ミカン属の低木です。
果実が食用とされ、最も重い柑橘類です。緑色の厚い皮の中に淡紅色あるいは淡黄色の果肉が入っています。果実は汁気が少なく、甘みと酸味があり、少し苦味があります。果肉は生食、果皮はザボンのように砂糖漬けにしたり、ジャムにして食べます。日本にもたらされて以来、改良された多什質のものがサボンや文旦などとして生産されています。

最近、大手スーパーでタイ産のポメロ、マンゴスチン、マンゴーが販売されていましたが、
その価格がマニラ市内と同じぐらいの価格でビックリしました。
当時、日本のバイヤーらしき人が偶然にも市価調査をしていましたが、まさかタイ産が沖縄で販売されるとは。個人的にはフィリピン・ダバオ産を希望しておりましたが・・

ダバオに行く際には、是非現地の旬の果物を体験(食味)してください!

2012年05月21日

ノニの断面


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E6%9E%9C%E5%AE%9F4792.jpg


フレッシュな果実には、ぎっしり種が詰まっています!

その種にも有用成分が含まれています。

ご存知でしたか?

未だ全てが解明されていないミラクル果実

2012年05月20日

海と生活

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%97_2833.jpg


ダバオ湾

生活と海は身近な関係である。

果物や「ノニ」もこのダバオ湾を経由し輸出されます。

港に近い人々の生活風景、以前の沖縄を連想いたします。

2012年05月13日

甘い香り

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%9D%B65407.jpg


ノニの白い花

ほのかな香りに誘われ蝶が来ました。

アリが群がるよりも、はるかに絵になります。

今年は未だ台風が発生していません。

異常気象なのでしょうか!

2012年05月09日

イメージ


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%BA%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg


ダバオ市内の風景

広告のイメージはその地域・時代を表しています。

ダバオ市内見渡しますと、年を増すごとに変化しています。

豊かさが象徴され将来の希望と夢が進化中・・・

でも懐かしさが残り、そんなスペースが大好きです!

撮影:フィリピン・ダバオ

2012年05月07日

ノニの花


risaizu%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E8%8A%B16545.jpg

ノニの白い花

ノニ果実とは異なり、「カワイイ花」を咲かせます。

アリ、蝶など昆虫のお気に入りの花

香りは殆ど感じられません。

ひとつの果実に多くの花を咲かせる植物は、そう多くはないと思います・・・

2012年05月04日

 「気 候」

%E9%9A%9B%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A86824.jpg


フィリピンの気候

熱帯性モンスーン気候に属しており、年間を通して高温多湿で、平均気温は26~27℃

環太平洋火山帯に位置しているため、活火山は活発な活動を繰り返してきた。

海に面した石灰岩は自然によって創り出され、美しくダイナミックな景観をみせてくれる。

撮影:フィリピン・ダバオ

2012年05月03日

天然100%


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8E%E3%83%8B100%EF%BC%854838.jpg

「ミラクルノニ」100%

原料となるノニ果実は天然100%

自然素材を活かしたジュース100%

有用成分「スコポレチン」

ミラクルの含有量を誇っています。

少々バテ気味のあ・な・た・へ、お勧めの一品です!

2012年04月30日

勇士の姿

%E5%86%8D%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%B3_5476.jpg

1521年4月、セブに上陸してキリスト教の布教活動を行い大きな成果上げたポルトガル人冒険家
マゼラン

彼の侵略行為に立ち向かったマクタン島の酋長ラプラプ

両者は激しい戦闘を繰り広げ、結果マゼランはこの地で戦死。ラプラプは侵略国と闘った英雄として、
今もフィイピンの人々に崇拝されている。

海に臨んで立つ英雄の姿が勇ましい。


2012年04月29日

先住民族


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E7%B2%92%EF%BE%80%EF%BD%B2%EF%BE%8C%EF%BE%9F4662.jpg

「民 族」

フィリピン人は、基本的にはマレー系の民族。ただ、長い歴史の中で、移住と混血が繰り返され、
民族構成は複雑。現在のマジョリティは、紀元前500年ごろから渡来して来た新マレー系の子孫たち。
このほか、高地山岳部や海辺、海上に住む先住民たちもいます。


フィリピンで最古の民族といえば、「ネグリト族」である。約2万5千~3万年前、アジア南部から現在の

マレーシアを経由して移動して来たといわれています。ルソン島、パラワン島、ネグロス島、パナイ島、

ミンダナオ島の奥深い山地や辺境の海岸地域で昔ながらの伝統を守って生活してきました。

本来は狩猟、採集、漁労が中心で、非定住の暮らし中心である。

最近では定住化し、焼畑農業をする小集団も現れている。約3万人と推定されているが、生活圏が年々

せばめられ減少の傾向にある。

2012年04月28日

大地と太陽

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%A8%E5%A4%AA%E9%99%BD1063.jpg


太陽と大地の恵み

赤道に近いダバオは、日本と関わりの深い豊かな実りの島

2012年04月26日

ア ポ 山

risaizu%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E5%A4%95%E9%99%BD_6890.jpg

ダバオ湾に面し、フィリピン最高峰の「アポ山」とすばらしい夕日が差しんこできました。

まさに絶景です。漁を終えた漁船もすばらしい曲線を描いています。

最高の瞬間に感謝です!

2012年04月23日

ノニの力


%E8%87%AA%E7%94%9F%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8E%E3%83%8B6792.jpg


「ノニの力」

「スコポレチン」の含有量だと信じています。

そして野生の証明、岩場に自生していますノニはまさに王様です。

2012年04月20日

「島の風景」


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%87%AA%E7%84%B66584.jpg


自然と共存しています島の暮らし

素朴ですが、日本では味わえない幸福を感じます。

海岸線の岩場に自生します「ノニ」

太陽の恵みを受け成長しています。

2012年04月16日

古代の秘薬

%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E7%A7%98%E8%96%AC.jpg


古代の秘薬、いやミラクルパワーを秘めたノニ100%


撮影:フィリピン・ダバオ

2012年04月06日

ノニの花

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8E%E3%83%8B%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E3%80%81%E8%8A%B1%E3%80%81.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2012年03月18日

フィリピン

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%A4%E3%82%B75388.jpg


地理

沖縄南方の台湾よりさらに南に位置するフィリピンは、南北1851㎞にわたり散在する7107もの島々
からなる。11の大きな島(ルソン、ミンドロ、サマール、レイテ、セブ、マスバテ、ボホール、ネグロス、
パナイ、パラワン、ミンダナオ)が総面積の96%を占めている。
残りは、サンゴ礁囲まれた小島。住民住む島は約2000、約5000が無人島。
日本の国土の4分の3で、九州を除いた面積と同じくらいです。

2012年03月12日

ノニの木

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E6%9C%A87539%20%282%29.jpg


大平原に自生いたします「自生ノニ」

撮影:フィリピン・ダバオ

2012年02月18日

ダバオノニ


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%83%8B7908.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ(サマール島)

2012年02月07日

ゴーヤー

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC.jpg

自然が溢れるダバオの市場を覗いてみました。

沖縄でもおなじみの「ゴーヤ」が陳列されております。

前にも紹介させていただきましたが、苦味はさほど感じられなく、平常のゴーヤーに比べ

細くしなかやな感じです。となりにはトマト、ニンジンなど

葉野菜は全体的に小ぶりで、日本のようなボリュームには欠けます。

フルーツに於いてはすばらしい宝庫に違いありません。

だからこそ、野菜は貴重な食物になります。

沖縄の「ゴーヤー」が国内でも認知されていますが、いずれはアジア全体でも知名度が広がるのも

近い感じがします。

2012年02月03日

 大自然

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E3%83%8E%E3%83%8B.jpg


品質は大地から・・・

もちろんこだわりは自生です。しかし、大平原のゆったりとした環境がベストな最適地です。

大平原で自生するノニは、大きさ・形・色具合文句なしの原料です。

恐らくストレスがないからこそ良い原料になると思われます。

又、この場所は限られた人しか踏み入ることができません。

水牛、ヤギなど自然とたわむれる動物もノンビリしています。

抗菌はもちろん免疫力を期待させますノニ果実、ストレスのない自生地だからこそすばらしい

有用成分「スコポレチン」が含まれております。

2012年01月23日

青空とヤシ

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E9%9D%92%E3%81%84%E7%A9%BA%E3%81%A8%E6%B5%B77981%20%282%29.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2012年01月07日

ダバオ市内

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E5%B8%82%E5%86%857037.jpg


スナップはダバオ市内の風景

ひとつ気になること事があります。それは、「ドラッグストアー」の数が増えた事・・・

5年前はチェーン店のみわずかにあった気がします。

生活のレベルはかなり上がって来ました。それに伴いストレスなど生活習慣病など

少しずつ増加している様子です。

元気の源、ミラクルノニ100%をお勧めいたします。

自然素材100%、のどの調子にはかなり良いノニ!

2012年01月03日

「イーグル」


%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA8278.jpg


フィリピン・イーグル(鷲)は、1980年代、彼らが巣を作るラワンの木の乱伐により300羽から50羽

前後に激減しました。猿をも食すという鋭いクチバシが特徴

「パグアサ」、タガログ語で希望の意味、まさにダバオのシンボルです。

2011年12月31日

「ノニの年」

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E5%B9%B44858.jpg


2012年、そうです「ノニの年」です。

皆様の健康に少しでもお役に立つよう品質にこだわり、

自然の恵みをお届けいたします。

天然由来のノニ果実を原料としました「ミラクルノニ100%」

今後とも宜しくお願いします「ノニ」

撮影:フィリピン・ダバオ   (ノニ太郎)

2011年12月29日

天然ノニ

risaizus%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%83%8E%E3%83%8B_3672.jpg


ミラクルノニ、原料となりますノニ果実は「天然ノニ」を使用しております。

品質は自生地から、製造・商品は沖縄からお届けしています。

赤道に近い島・ダバオが生み出したミラクル果実


撮影:フィリピン・ダバオ1次加工場

2011年12月20日

島バナナ

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%80%E5%B3%B6%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A.jpg


ダバオ市内市場を覗いてみました。

さすが「バナナ王国」その種類の多さにビックリしました。

商品の販売方法もバラ売りではなく、一房単位です。

市場を回って感じましたが、品揃えは東南アジアではNO1でしょう!

ボリュームはかなり見ごたえがありました。

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年12月16日

ノニ粒タイプ


risaizunoni4611.jpg


 
撮影:フィリピン・ダバオ


2011年12月11日

「ノニの日」


risaizu%20%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E6%B9%BE7976.jpg


12月12日、今年最後の「ノニの日」

抗菌パワーが最大の魅力です。

ダバオのすばらしい自然の恵みをご体験くださいませ!

2011年12月08日

ゴーヤー

risaizu%20%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC8171%20%282%29.jpg


ダバオ市内の市場にて、「ゴーヤー」を発見

にがうりの名称から、国内どこでも「ゴーヤー」で知名度はアップしました。

健康野菜としてみんなの人気者です。

ダバオでも定番の野菜なんでしょうね!


下記の画像は大きな「ノニの木」 恐らく沖縄・国内ではお目にかかれない大きさでしょう!

自生地では数多く見ることができます。本当にすごいことです。


%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%A4%A7%E6%9C%A87232%20%282%29.jpg


2011年12月03日

ジョリビー

%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%BC7087.jpg

フィリピンを代表とする、ファーストフード・飲食店グループ№1と言えば

もちろん「ジョリビー」です!

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年11月03日

溢れるノニ


%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%80%806808%20110311.jpg


溢れるばかりに「天然ノニ」が作業台に散りばめられています。

この後、選別作業を行います。

鮮度を大切に、原料にこだわり、選別にこだわります。

<フィリピン・ダバオ1次加工所>

2011年10月29日

海辺の風景


%E3%83%8E%E3%83%8B%E7%B2%89%E3%80%803208%20102911.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年10月23日

普通の風景


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA102311.jpg


ダバオ市内 「普通の風景」


ノニ太郎です!
視察の移動中に車から流し撮りしました1枚のスナップ。

コークの知名度はさすがです。まだまだ流通は「ビン」が主役です。

市内の中心部、大型のモールでは次第にペットボトルに変わり始めています。

味覚も、ライトタイプに変わり世界共通の品揃えになりつつあるダバオ・・・

2011年10月06日

南国の夕日

%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%95%E6%97%A5.jpg


南の島の夕日、穏やかな光に包まれ、

一日の疲れを癒してくれます。


撮影:フィリピン・ルソン

2011年10月04日

ミンダナオ地方

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF100411.jpg


「ミンダナオ地方」

最南端に位置するフィリピンで2番目に大きな島。

海、山に恵まれ、魅力的なポイントが多い。しかし、政府と対立するイスラム組織の活動が

盛んで、安全とされるのはダバオその周辺のリゾート地が中心。

残念なことに、フィリピン・ミンダナオ島の北スリガオ州で3日午前、数百人の武装集団が

ニッケル鉱山3か箇所を襲撃したニュースが飛び込んできました。

日本人には影響はありませんでしたが、現場一帯は、共産ゲリラ「新人民軍(NPA)」

の活動が活発な地域である。

参考までに、スナップのダバオ市内は「平和の町」です。ご安心くださいませ!

2011年09月25日

公 用 語


%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E6%B9%BE092511.jpg


フィリピン語と英語が公用語。

学校教育では、憲法(1987年制定)でフィリピン語の使用が義務づけられているが、

実際には英語が併用されている。フィリピン語の母体は、ルソン島中部、

マニラとその周辺諸州、ミンドロ島で多く使われているタガログ語。

しかし、フィリピンには120を超える言語があり、それが民族的統一を難しく

していることも確かみたいです。


撮影:フィリピン・マニラ湾

2011年09月23日

ダバオの海

risaizu%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89092311.jpg


フィリピン・ダバオの海

手つかずの自然が溢れています・・・

世界のトップ10のビーチリゾートに選ばれたフィリピン・ボラカイ島の海

知名度はありあせんが、ダバオの海もなかなかです。

その側には天然ノニが自生していました。

地元の生活の一部として使用され、神の恵みとして珍重されてたきたノニ

赤道に近い島には魅力が一杯です。

2011年09月21日

ノニ粒です

%E3%83%8E%E3%83%8B%E7%B2%92%E3%81%A8%E6%9E%9C%E5%AE%9F092111OK.jpg

体重の栄養素がギッシリ詰まっています。

ノニ果実の「種」のように・・・・豊富な栄養素

原料は自生ノニ果実、まさに「ミラクルノニ粒」

是非、ご体験くださいませ!

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年09月19日

市内の風景


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF091911.jpg


ダバオ(Davao)   マニラの3倍という面積に、マニラに次ぐ200万人という人口を

有する町。かつて日本人(沖縄)がアバカ(マニラ麻)の栽培を始めたことにより

発展し、日本人、そして中国向けバナナの生産地としても知られる、日本との

関わりの深い町。自然の地形に恵まれた良港でもある。

5年前に訪れた時に比べ、急成長を続けております市内のスナップ。

2011年09月17日

太陽の恵み

noni091711.jpg

2011年09月03日

ダバオ空港


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E7%A9%BA%E6%B8%AF090311.jpg


撮影:フィりピン・ダバオ

2011年08月25日

天然ノニ


%E5%A4%A7%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%83%8E%E3%83%8B082511.jpg

このような大自然のなかで、「ノニ」は自生しております。

まさに「天然ノニ」!


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年08月23日

ノニと海


noni%E3%81%AE%E8%8A%B1082311.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年08月15日

ドリンク


%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AB%EF%BC%89081511.jpg


ウエルカムドリンクのご紹介です!

さすがトロピカルなイメージ、タップリ・・

フルーツの宝庫ですので、時期に合わせていろいろな果物で
おもてなしするのでしょうね!

昼の暑さとは違って、夜は湿度がない為大変しのぎやすい環境です。

円高に合わせて、是非一度はフィリピン旅行ご提案申し上げます。

世界で3番目に長い海岸線をもつフィリピン、そして「美しいビーチ世界トップ10」にランクイン

したこともあります「ボラカイ島」、一度はいってみたいビーチです。

2011年08月04日

公衆電話

%E5%85%AC%E8%A1%86%E9%9B%BB%E8%A9%B1080411.jpg


PAY PHONE  公衆電話 

各国の旗が記されています。
(日本の国旗もありますね!)

携帯電話の復旧で、余り利用されてないようです。

撮影: マニラ空港・ターミナル2

2011年08月03日

ハイビス

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9080311.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年08月02日

海と砂浜

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81080211.jpg


エメラルドグリーンの海と、ヤシの群生

フィリピンでしたい事・・・・

ダバオの海でスイミング、お勧めです!

2011年07月06日

「情熱色とノニ」


nni070611.jpg


フィりピン・ダバオ・・・海岸線の側で撮影しました。

ノニ果実の側では「ブーゲンビレア」が咲き誇っていました。

赤道に近い島、太陽エネルギーを満喫しています。

2011年07月04日

ミラクルの輝き

%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB6070411.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年07月02日

 「ノニの花」


%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%94%A3noni%201070111.jpg

2011年06月27日

サンチャゴ要塞


%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B4%E8%A6%81%E5%A1%9E062711.jpg

スペイン統治時代、1571年から150年もの歳月を費やしてイントラムロス内に建てられた石造りの要塞
その後、イギリスやアメリカなどの軍司令部と使用されました。

現在は、緑豊かな公園として開放されています。

要塞内には、フィリピンの国民的英雄「ホセ・リサール」記念館があります。

撮影:フィリピン・マニラ


2011年06月25日

 「ノニの花」

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1062511.jpg

2011年06月22日

 「自生海岸」

%E8%87%AA%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%AB062211.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月20日

「ファッション」

%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8A%E4%B9%97%E3%82%8A%E7%89%A9062011.jpg


撮影:フィリピン・セブ島

2011年06月19日

青空とヤシの木


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E7%A9%BA061911.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ


2011年06月17日

「ミラクルノニ」


%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E5%BD%B1061711.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ湾

2011年06月16日

 「ダバオノニ」

dabao%E3%83%8E%E3%83%8B061611.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月15日

 「ジプニー」


%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%BC061511.jpg


「ジプニー」は、フィリピン名物としておなじみの車です。

ダバオでも市民の重要な足として活躍中

ちなみに、未だ乗った事はありません。

ダバオ市内ではトライ出来ると思いまが、マニラ市内ではその勇気はありません・・・

2011年06月13日

 「ダバオ湾」


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E6%B9%BE061311.jpg


島の名産「バナナ」が好景気を生んでいます!

ダバオ湾から東南アジア・日本・沖縄・そして中国などへ輸出・・・

市内の至る所で、経済発展の恩恵を見ることができます。

そのひとつが、信号機の増加と交通渋滞でしょうか!

2011年06月12日

「 市 場 」

%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%94%BA%E4%B8%A6%E3%81%BF061211.jpg


ダバオ市内のスナップです。人通りはにぎやかです。

治安も大変よく、気持ちよく楽しめます。暑さは気になりますが・・・

商店街で目にしますのは、「バナナ」王国ダバオ!

いたるところでフルーツの品揃えがされています。

お勧めは「マンゴスチン」 くせになりそうです。

梅雨明けの暑い沖縄、ダバオは年間このような気候です。

湿気はすくなく、寒さが苦手な方には文句なしの憩いの国です!

2011年06月11日

dabaocity

davaocity061111.jpg


赤道に近い島ダバオ、漁船の横文字には「DABAO CITY」

以前、このような文字を目にした記憶はありません。

安全対策など、いろいろな面でダバオ市は進化中です。

強い紫外線の為、タオルで顔を保護しています。

海上では海風が吹き、さほど気にならない暑さです。

後方の民家では、洗濯された衣服が風に揺れています。

もしかして側にある木「ノニの木」かもしれません・・・

今日の漁が大漁でありますように!

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月09日

 「マニラ上空」

%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%81%AE%E7%A9%BA060911.jpg


ただ今マニラ上空通過中です。

沖縄からマニラ、直線で結びますとおおよそ、沖縄⇒東京間よりも短い距離です。

そうしますと、身近な外国ですね!

ちなみに、快適な空の旅は最高です。

「ノニ太郎」、別名「台風太郎」と呼ばれていました。

台風はこりごりです!

2011年06月08日

「いい感じです」


rizo-to060811.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月07日

 「マニラ空港」


manira%E7%A9%BA%E6%B8%AF060711.jpg


撮影:フィリピン・エアーポート ターミナル2

2011年06月05日

バナナ・マンゴー

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E5%90%8D%E7%94%A3060511.jpg


ダバオ湾をバッグに、名産物「バナナ&マンゴー」

記念撮影です。


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年06月04日

 「天然の木陰」

%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8%E9%99%B0060411.jpg

天然の木陰を発見しました。なんとも心地良いことでしょうか・・・

リゾートしても有望な「ダバオ」

その魅力是非、体験して下さい。

サラマット ポー!

2011年06月03日

空を見上げると


%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%9C%A8060311.jpg


ダバオの離れ島 青い空を見上げますと・・・・

「ノニの木」と「ヤシの木」、そして入り江の海の鮮やかさに感動!

本当にいいところです。

2011年06月02日

 「赤と白の花」

%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%A8%E6%B5%B7060211.jpg


ダバオと言えば、野生の「ラン」が有名で、

固有種の多さは世界屈指といわれています。

okinawaでもよく見られます、ブーゲンビレア

白色の花はめずらしく、ダバオでは2回目の対面です。

赤道に近い島、植物の宝庫です。

2011年06月01日

フィリピン犬

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E7%8A%AC060111.jpg

もしかして、「フィリピン・エディブル・ドッグ」

フィリピン原産の犬種が存在してるそうですが・・・

かわいらしい目をしています。

のんびりと海を見つめながら、最高の生活???

いいですね!

2011年05月31日

「ダバオの風景」

%E9%81%93%E8%B7%AF053111.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月30日

 「ヤシの群生」

%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E7%BE%A4%E7%94%9F053011.jpg


島全体に広がる「ヤシの木」の群生

なかなかの絶景です。

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月28日

「政府開発援助」

0350%EF%BC%AF%EF%BC%A4%EF%BC%A1.jpg


日本の政府開発援助(ODA)により、1999年8月に完成しました。

マニラ インターナショナル エアーポート 

2011年05月27日

 「ノニ100%」


%E3%83%8E%E3%83%8B100%EF%BC%850527.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月26日

「ダバオ楽園」

%E6%A5%BD%E5%9C%920526dabao.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月23日

 「ダバオ空港」

syuusei1318%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E7%A9%BA%E6%B8%AF.jpg


ダバオ空港、マニラ、セブ島などから、航空機の往来が増えております。

観光、果物、ラン(植物)など熱帯特有の資源が豊富な島

沖縄にも国際空港は存在しますが・・

素直に申し上げますとローカルな大きさです。

そんな中、中国の航空会社「海南航空」が那覇と北京を結ぶ定期便を

7月中にも就航する見通しであることが、新聞に掲載されていました。

沖縄・ダバオ、熱帯地方の産物や自然を利用した観光資源は、貴重な財産です。

2011年05月18日

「果てしなく海」

dabao051811.jpg


ダバオシティ-、都市面積では世界一の広さを誇ります。

そして、もうひとつの魅力が「海」 (個人的に感じています)

国全体が海に囲まれ、海産物の宝庫と言われております。

ダバオ湾を通りまして「バナナ」などを日本、中国などに輸出していますが、

周りの島にはこのようなすばらしい、手付かずの海が残されております。

リゾ-トビーチしての魅力も評価され、観光地としても期待されています。

目を見張る海の鮮やかさには言葉がでません。

次の世代まで残って欲しいと感じます!


2011年05月15日

 「ルート13」


ru-to13051511.jpg

ダバオ市内のスナップ

ジプニーのプレートには「ルート13」

横断禁止のマークは「待て」・・・・

わかり易い「赤い手」の表示にて、横断歩道の横に設置されています

ドラッグチェーンストアーも、日本と同じ流れで店舗数を増やしています

この店も何回かお世話になりました

船酔いの薬を飲みすぎた経験があります(言葉を理解出来なかった単純な理由です)

信号機の数も大分増えてきて、生活も以前より良くなっているダバオ市内の風景です

2011年05月13日

ダバオの朝日


dabao%E3%81%AE%E6%9C%9D0513.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月08日

 「ノニの種」


%E3%83%8E%E3%83%8B%E7%A8%AE050811.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年05月04日

マニラの夕暮れ


manira%E6%B9%BE.jpg


撮影:フィリピン・マニラ

2011年05月02日

 「故郷の空」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E7%A9%BA.jpg


「ノニの故郷」フィリピン・ダバオの空


澄み切った青色は、自然の深さを感じます!

2011年04月28日

ダバオの海とノニ


%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%9C%A8.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年04月25日

「普通の風景」


dabao%E3%81%AE%E9%81%93.jpg

ダバオ市外・・・ 普通の風景です。

時間が止まったかのような空気が流れています。

自然の中で人々が生活し、とても心地よく感じます!

2011年04月20日

 「はかた2」


%E3%83%8E%E3%83%8B%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%80%803163.jpg

フィリピン・ダバオは多くの島々が存在します。

「はかた2」・・・島々を結ぶ連絡船として大切な役割を果たしています。

まだまだ現役で大活躍中!

機械は大切に使えば、結構使えるものですね!

メイドインジャパンの強さを感じました。

2011年04月17日

ミラクルの輝き

DSC_1194%20noni.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年04月13日

「自生ノニ果実」

nonikazitsuDSC_5340.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年04月02日

ダバオの夕日

dabaonoyuhi.jpg


2011年03月27日

「スロータイム」

%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0.jpg

2011年03月26日

 「交通手段」

「庶民の足として・・・」


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF.bmp

2011年03月21日

「果実と粉末」


%EF%BD%8E%EF%BD%8F%EF%BD%8E%EF%BD%89%E7%B2%89%E6%9C%AB.jpg


2011年03月03日

「ヤシの木陰」

DSC_1128%E3%80%80%E3%83%8E%E3%83%8B%E5%A4%AA%E9%83%8E.jpg


太陽が少し傾き、時間は4時前・・・ヤシの木陰が涼しさを運んでくれます。

赤道に近い島ですが、大変心地よく感じます。

最高の環境のなか、ノニが自生しています。

リゾートビーチを独り占め、心も体も本当に「いいノニ」

2011年02月17日

 「自生ノニ」

zeiseinoninoki%20110217.jpg


ノニ太郎です!

フィリピン・ダバオ・・・ 海岸に自生いたします「ノニの木」の画像です。

側にはヤシの木が横たわり、砂地と岩場の狭間でしっかりと自生しています。

人が育てる環境ではありません。

小さな群生のかたまりを発見しましたが、葉の色が濃く、多分若いノニの木だと思います。

この島には、自生する環境が残されています。

ミラクルノニの原料は、大自然の恵みを使用しております。

2011年02月14日

「市内の風景」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%80%80110214.jpg

ダバオ市内の風景ですが、以前に比べすごく変化しています。

まずは「信号機」が増えました。安全性については良い事です。

人々が安全に道路を横断できる環境作りは、改善されております。

治安ですが、マニラ市内に比べ安全な地域です。

道路にゴミも少なくなり、様変わりしています。

観光化が進み、雇用条件も良くなっている感じを受けます。

沖縄とも歴史的には、交流が深く親しみを感じます。

特に「フルーツ」は、最大の魅力です。

ミラクルノニシリーズ・・・「ノニ果実」は、大自然のなかで成長しております。


2011年02月12日

「天然ノニ果実」

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%80110212%E3%80%80%E6%9C%9D.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年02月11日

明日はノニの日


noni%E3%81%AB%E6%97%A5%E3%81%A7%E3%81%99%EF%BC%81110211.jpg

毎月12日は、「ノニの日」です。


是非、ご利用くださいませ。


仲善 くるくまショップ


撮影:フィリピン・ダバオ サマール島

2011年02月10日

「ダバオの風景」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AAno.jpg

ダバオ市内の風景


そこには、信号機はありません。


それでも交通事故は殆どありません。


平和な国だと思います。

2011年02月09日

「ヤシノ木と海」

%E3%80%80%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%83%8E%E6%9C%A8%E3%81%A8%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%80%80110209.jpg


撮影: フィリピン・ダバオ

2011年02月08日

ダバオの朝焼け


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%80%80110208.jpg


2011年02月07日

「自然と生活」


%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%81%A8%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA.jpg

フィリピン・ダバオ、現地のライフスタイルですが、自然と融合しています。

外から見ますと、スロータイムが心地よく感じる島です。

2011年02月05日

「ノニ果実」

%E3%83%8E%E3%83%8B%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E3%80%80110205.jpg


「ミラクルノニ」

その魅力の源は・・・  

2011年02月04日

「ノニ粒900」

%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%8B%E7%B2%92%20110204.jpg


大変飲みやすい、粒タイプに仕上げました。

1粒にしっかりと、ノニ果肉乾燥粉末81%含有。

もちろん種も含まれています・・・

やわらかい粒タイプですので、体の中でもやさしく解けていきます。

「ノニドリンク」が苦手な方にピッタリ!

一番の魅力は楽に継続を楽しむことで、ノニの効果をしっかり体験できます。

「ミラクルノニ粒900」  有用成分:スコポレチン 99mg含有(100gあたり)

最高のパワーをお試しくださいませ。

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年02月03日

 「ドリアン」


%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%80%80110203.jpg


果物の王様「ドリアン」

ダバオはフルーツの宝庫です。

日本では食べ放題はかなり難しいと思いますが・・・

ここダバオでは大変リーズナブルな価格でトライできます。

独特な香りはくせになるかもしれません??

是非お試しくださいネ!

2011年02月02日

 「シンボル」

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%80%80110202.jpg


フィリピンのシンボル


「フィリピンイーグル」は、国のシンボル!


ミンダナオ島の熱帯雨林に生息しています。


ダバオ・空の玄関、ダバオ空港でも活躍しています。

2011年02月01日

「ダバオの海」

%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E6%B5%B4%E3%80%80110201.jpg


こんなきれいな海で海水浴 「ノニ」さん!


いいな~! 

2011年01月31日

発酵ノニ果実

%E7%99%BA%E9%85%B5%E3%83%8E%E3%83%8B%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E3%80%80110131.jpg


海岸で「発酵ノニ果実」を発見いたしました。

ノニの木から落ちた直後だと思います。

独特な臭いはなく、柔らかい感じがします。

そして・・・

自然に「種」は、岩場や砂浜のなかで成長していきます。

競争の少ない環境・・・しかし自然の厳しい場所でその力は発揮されます。

「ミラクルノニ」の原料は、すべて自然の原料を使用しています。

2011年01月29日

 「青空とノニ」


syuusei%E3%83%8E%E3%83%8B%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E3%81%A8%E9%9D%92%E7%A9%BA%E3%80%80101129.jpg


フィリピン・ダバオ、海の側で自生いたします「ノニ果実」


秘められた「抗菌パワー」はミラクルそのものです!


この冬1本 「ミラクルニ100%」 是非お試しくださいませ。

2011年01月27日

海の生活とノニ

%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E3%80%80i%E9%9B%86%E5%90%88%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%A8%E6%B5%B7.jpg


「ノニファミリー」・・・ダバオの海で記念撮影です。


生まれ育ちました海との撮影は、ピッタリな関係です。


後方では、地元の生活の姿がタイミングよく写す事ができました。


自然の恵みに感謝です!

2011年01月26日

「ノニの花」

%E3%83%8E%E3%83%8Bno.jpg

「ノニの花」

白い小さな花・・・・神秘的な魅力を感じます。

沢山のアリが集まり、かなりの人気者!

気になる臭いは殆どありません。


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月24日

ミラクルの輝き

%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80100%25%E3%80%80110124.jpg


インフルエンザが流行しています。

どうぞ手洗い、喉のうがいなどこまめなケアーのチェックを忘れずに・・・・

「ミラクルの輝き」とは、抗菌のすばらしさです。

永年飲んでいる方の体験としまして、この時期にパワーを発揮してくれます。

自然の恵みが与えてくれました、「本物」のすばらしさを是非ご体験くださいませ。


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月22日

「ダバオの魅力」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%B5%B7%E3%80%80110122.bmp


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月20日

「安全運転」

%E5%AE%89%E5%85%A8%E9%81%8B%E8%BB%A2%E3%80%80110120.jpg

スロータイム・ダバオ!

自然と共存しています。

過去の・・・ 「沖縄の風」  香りを感じました。

2011年01月19日

「大自然の恵み」

%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A7%E6%88%90%E9%95%B7%E3%80%80110119.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月18日

「ノニの大木」

noni%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%9C%A8%E3%80%80110118.jpg


岸辺から少し離れ、森の中で自生しています「ノニの大木」

光を求め上へ上へと成長しました。

幹周りも大きく、手つかずの自然が存在しています・・・

2011年01月17日

 「右側通行」

%E5%8F%B3%E5%81%B4%E9%80%9A%E8%A1%8C%E3%80%80110117.jpg


フィリピンでは、車の通行は「右側通行」になります。

参考までにスピード制限はありません。

初めて運転する方は戸惑うかもしれません・・・

そして、ダバオ市外では信号機さえないところも沢山あります。

不思議な事に、事故は殆ど目にしません。

平和な国です!

2011年01月15日

「ダバオの魅力」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%80%80110115-1.jpg


ダバオの魅力とは・・・・


やはり大自然が最大の財産だと感じます!

2011年01月13日

WELCOME

WELCOME%20110113.jpg


ようこそ! フィリピン第2の都市 「ダバオシティー」

2011年01月12日

「ノニの日です」

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%80%80110112.jpg

毎月12日は「ノニの日です」

フィリピン・ダバオから、ご案内申し上げます!

サラマットポー!!

2011年01月10日

ダバオ市内です


%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80110110.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月09日

「常夏の島です」


rizo-todabao.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2011年01月03日

「ジプニー車」


%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%BC.jpg

庶民の足として活躍しています「ジプニー」

車のメーカー、大きさ、さまざま・・・・

停車する場所は、お客様のニーズに対応してくれます。

クラーはなく、狭い室内ではありますがリーズブルな運賃が最大の魅力。

それぞれの車は、カラフルなデザインをしており、

フロントにはシンボル「ベンツ」のエンブレムを付けて走っています。

ブランドは世界共通の証でしょうか!

「ミラクルノニ100%」、仲善ブランドの主力商品に成長いたしました。

2011年01月02日

「体にいいノニ」

フィリピン・ダバオより、今年もよろしくお願いします。

この冬はかなり冷え込みそうです。

のど、風邪の予防にノニをお勧めいたします。

今年も「ミラクルノニ」ファミリー ヨロシクネ!

どうぞ、「飲んだらいいノニ」・・・普通が一番です!


047%E3%83%8E%E3%83%8B.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ (サマール島)

2011年01月01日

「ダバオの朝日」

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします「ノニ」

フィルピン・ダバオ「朝日」のスナップです。

2011年 「ノニパワー」 全快・・・・

%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E6%9C%9D%E6%97%A5.jpg


2010年12月27日

「ヤシの木と海」


noniburogu.jpg

2010年11月07日

12日ノニの日


noni.jpg

毎月12日は「ノニの日」です。


フィリピン・ダバオより、ご案内申し上げます。


どうぞ、ヨロシク 「ノニ」!  サラマットポー!

2010年11月06日

「日光浴・ノニ」


DSC_5008-nonitarou.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2010年11月05日

「マニラの広告」

DSC_5764-koukoku.jpg

メイドイン・ジャパン 頑張っています!


撮影:フィリピン・マニラ市内

2010年11月04日

「癒しを求めて」

dabao-DSC_4830.jpg


ハイサイ! ノニ太郎です。

最近ですが、第二の故郷になりました「ダバオ」・・・・

なぜかしら、海そのものが心をリフレッシュさせてくれそうです!


撮影:フィリピン・ダバオ

2010年10月28日

「セブ島の笑顔」


sebu-_5475.jpg


撮影:フィリピン・セブ島

2010年10月25日

「オアシス」


oashisu-5265.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。

「オアシス」、皆様は何を想像いたしますか!

沖縄を離れ、自然豊かなダバオにいますと、まるでタイムスリップした瞬間があります。

このロケーションを見たときに感じました。

自然そのままで、飾り気のない海とヤシ、そして「ノニ」が自生しています。

自生を説明するのは大変難しいと感じています。

いままで紹介してきましたシーンは、自然そのもです。

これからも、大切にしていきたいと感じています。

有用成分「スコポレチン」は、自然の恵みそのもです。 

2010年10月25日

「故郷を訪ねて」


mirakuru-5359.jpg


故郷、フィリピン・ダバオ


久しぶりの記念撮影です!

2010年10月22日

ダバオの風景

dabao-shinai-3142.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ (車中より流し撮り)

2010年10月21日

バスクリーン海

basukuri-nn-2900.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ


2010年10月20日

「リラックス!」

sebu5504.jpg


撮影:フィリピン・セブ島

2010年10月19日

「自生海岸」

nonitarou-_5313.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年10月18日

「発酵ノニ果実」


haxtukounoni-5319.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ

2010年10月17日

「自生ノニ」


dabao-5237-noni.jpg

フィリピン・ダバオ


海岸の近くで自生ノニ発見・・・


海風と降り注ぐ太陽の光を浴びています。


2010年10月15日

「ファッション」


zipuni-5712.jpg

ジプニー(路線バス)のサイドにペイント・・・


南国ならではのカラーと奇抜な絵に思わずシャッターを切りました。


撮影:フィリピン・マニラ

2010年10月14日

「船上の青空」


nonitarou-5128.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年10月11日

「熱帯の楽園」


rakuenn-4918-nonitarou.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年10月10日

ミラクルノニ


noni-4976.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ、神の島>

2010年10月08日

「大統領サイン」

sainn-3129.jpg

撮影:ダバオ・マルコポーロホテル

2010年10月07日

ダバオノニ100%

nonitarou-6691.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年10月02日

「ノニ果実の種」

noninotane-6473.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。

フィリピン・ダバオ、海岸に自生しています「ノニ果実」をカッティングしました。

なんとも、みずみずしい「種」が現れました!

カット後すぐに撮影しましたので、大変綺麗です。

しばらくすると若干変色しますので、リンゴ等のフルーツをイメージいたします。

ジャムなどに混ぜあわせ、利用する地域もあります。

抗菌作用が強いので、外用として利用してるシーンも目にしました。


まさにミラクルにふさわしいパワーを秘めています。

2010年10月01日

お疲れ様です


nonitarou-5743.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。 視察中、車のダッシュボードに寝そべっていました縫ぐるみ・・・

その姿に、ホットしました。

今週も大変、おつかれ様でした。

2010年09月30日

「ダバオの朝日」

asahi-1008-dabao.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年09月29日

「プールサイド」


dabao-1122.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年09月28日

「Jollibee」

jyoribi-5535.bmp

ハイサイ!ノニ太郎です。

「Jollibee」 ジョリビー フィリピン全土にて展開していますフードショップです。

恐らく、あの世界のマックよりも店舗数が郡を抜いています。

すごい!

品揃えもすばらしく、バーガー、チキン、ライスなど、フィリピンスタイルとマッチしています。

都心、郊外至るところで看板を目にしますので、自然に覚えてしまいました。

画像を良く見て下さい・・・  足元のおしゃれですが、沖縄風の「島ぞうり」がメイン

なぜかホットします。ただ、道路工事、公共整備などの作業員も「島ぞうり」着用??

実はその影響で、沖縄ではほとんで「ビーチぞうり」にて気楽に過ごしています。

スニカーから変えて感じたことがあります。

5本の足指??で地面を歩きますので、ひとつひとつの足指に筋力つきまして、

なぜかしら・・よかった「上等・上等」と喜んでいます。

冬場は???だと思いますが・・・

そんな、身近なスナップです。

2010年09月25日

ミラクルパワー

nonitarou-4987.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年09月24日

 「ジプニー」


nonitarou-2047.jpg

今晩は!ノニ太郎です。

フィリピン・マニラ、最近はいい情報よりも悪い情報が目に付きます。

とても残念です・・・・


でも、庶民の足「ジプニー」は、南国のカラーで溢れています。

前向きに活きましょう!

2010年09月23日

「ビーチタイム」

noitariu-3028-umi.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。


「秋分の日」、Goodな休日お過ごしくださいませ。


気分を変えまして、夏のイメージお届けいたします。

撮影場所はフィリピン・ダバオ・・・・現地の方にもあまり知られていないビーチ

常夏のイメージにピッタリな、ナイスロケーションです。

2010年09月22日

「ホウオウボク」

nonitarou-_5465-22.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

「ホウオウボク」、沖縄では街路樹として利用されておりますが、

フィリピン・マニラ、セブ島で見ることができました。

赤い花は色鮮やかで大変魅力があります。

南国の雰囲気にピッタリです。

初めてフィリピンを訪問した時の記憶では、沖縄と同じ生態系の植物の多さに、

ビックリしました。

「女王」の名にふさわしい輝きを放っています!

2010年09月20日

「ダバオビーチ」


risaizu-nonitarou-5387-20.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年09月02日

「ヤシの群生」


nonitarou-5243-0902.jpg

2010年09月01日

「台湾の朝日」


taipei-5803-noni.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

撮影場所は、台北空港近くのホテル・・・

部屋から写しました、朝日のスナップです。

本来ならば、前日に沖縄についているはずですが・・・

台風の影響でマニラでの乗り継ぎに遅れ、台北で一泊することになりました。

今回は、台風の予想をまったくしていませんでした。まさか!

しかしすばらしい台湾の朝日を見ることができ、又帰る機内では、

沖縄の空を満喫することが出来ました。

「空」、「空気」が澄み切り、生まれて初めて綺麗な海・島を見ました。

ポスターや、映画のシーンを思わせるような海のすばらしさ!

ダバオも綺麗でしたが、さすがに地元の沖縄の海も最高だと感じました。

着陸体制の為、撮影が出来なかったのは残念でしたが、

でも、目の中に焼きついた色、輝きは一生の財産です。

2010年08月14日

ブーゲンビレア

nonitarou-bi-genn.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年08月09日

「マニラの風景」

nonitarou-1989-9hi.jpg


<撮影 フィリピン・マニラ>

2010年08月01日

 「南島の楽園」

noitarou-4828.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年07月05日

ダバオの朝日

nonitarou-1434-asa.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年07月01日

「ダバオの風景」

nonitarou-3108-0701.jpg


撮影:フィリピン、ダバオ

2010年06月18日

 「ノニの花」


a href="http://www.nakazen.co.jp/noni/images/nonitarou3245%EF%BC%8D%EF%BC%91.jpg">nonitarou3245%EF%BC%8D%EF%BC%91.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年06月17日

 「ダバオ郊外」

nonitarou-3562-shigaichi.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

ダバオ郊外のスナップ紹介いたします。

ご覧の通り、生活の足(交通手段)は殆どバイクのようです・・

路線バスもありますが、身近な移動手段としましてこのほうがベストみたいです。

お買い物、学校の通勤など、乗り心地は・・・・

2010年06月14日

 「浜辺の家」

nonitarou1235-ie.jpg


<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年06月13日

 「ダバオ空港」


non-0590-kukou.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ空港>

2010年06月08日

 「ダバオの海」

nonitarou-3027.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

フィリピン・ダバオのスナップご紹介いたします。

自然・・・そこには手付かずの海と「ノニ果実」が自生しております。

目の前には「サマール島」

最高のロケーション!

2010年06月07日

「ミラクルノニ」


nonitarou-3235-0607.jpg

ハイサイ! ノニ太郎です。

フィリピン・ダバオ、故郷のサマール島にて「ミラクルノニ100%」記念撮影。

大変うまく、撮れましたました? ・・・・

手前の「ミラクルノニ100%」とブーゲンビレアはボケまして、

横の自生ノニ果実は、しっかり写ったようです。

当日は絶好の撮影日和となり、気持ちよく仕事ができました。

サラマット・・・(ありがとう)

2010年06月04日

「ミラクルノニ粉」

nonitarou3-210noniko.jpg


ミラクルノニ粉120   2004年12月15日 発売・・・


有用成分 「スコポレチン」が豊富に含まれております。

2010年06月02日

「スローライフ」


nonitarou-3543-suro-.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

ココ最近、真面目に毎日アップ中です・・・

出来る限り頑張りたいと、願っています!

フィリピン・ダバオ市内のスナップですが、5年前と異なり

急速に発展しております。

何度か、「信号機」の情報をお伝えいたしましたが、建物、道路、ゴミなど

町全体がきれいになり、のんびりしている人の姿は少なくなりました。

ただ、このような「スローな風景」は残って欲しいと個人的に思います。

自然の中で人間が共存し、自然の恩恵で生活が成り立っています。

ダバオは、バナナ王国です。

2010年05月31日

「体にいいノニ」


nonitarou-100531-kazitsucha.jpg


カラダにいいノニ・・・・ 飲んだらいいノニ・・・

発売日  2004年 8月12日  「ノニの果実茶」 


<撮影:フィリピン・ダバオ>  サマール島にて

2010年05月30日

「船 着 場」

nonitarou-3069-30.jpg

<撮影:フィリピン・ダバオ>

2010年05月29日

「チャイナタウン」


nonitarou-1279-29.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

沖縄県内、雨が降り続いております・・・

ダバオ市内、「チャイナタウン」がありました。

以前、マニラ市内でも見る機会がありましたが、

中国の方の人脈の広さ、経済的な力、いろいろな国で目にします。

20世紀初頭、日本人によるマニラ麻栽培時には、2万人の日本人が住み、

東南アジア最大の日本人街もあったと歴史に記されています。

1904年(明治37)4月、沖縄県からも移民111人が那覇港を出発しました。

歴史の深さを改めて感じます、「ダバオ」

2010年05月25日

「大地の恵み」


nonitarou-3292.jpg


撮影場所:フィリピン・ダバオ   「ミラクルノニファミリー」!!

2010年05月07日

「小さな港町」

nonitarou-0507.jpg


<撮影:フィリピン、ダバオ>

2010年05月04日

イキ・イキ・ノニ

100504-ninitarou.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ、サマール島

2010年04月23日

お気に入りノニ

nonitarou-3275.jpg


お気に入りの場所で・・・・・

記念撮影「ノニ」


撮影場所:フィリピン・ダバオ

2010年04月20日

ダバオ市内風景

nonitarou-2.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ市内

2010年04月19日

ダバオノニの種

100419-nonitarou.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

ノニ果実は、さまざまな国で存在しております。

もちろん、沖縄にもノニ果実があります。和名は「ヤエヤマアオキ」

国内の北限は「沖縄」

ダバオとの違いは、有用成分で比較はできますが・・・

見た目で判断はできませんが、「ダバオノニ」の種にはパワーを感じます!

2010年04月16日

米の計り売り

nonitarou-1252.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。

スナップは、「お米計り売り」の風景になりま~す!

ダバオの小さなお店では、「米」の計り売りが目につきます。

その他にも駄菓子、タバコの1本売りもありました。

一番びっくりしましたのは、「油」を1袋1回分に入れ、

店軒下にぶら下げ販売していました。

生活のたくましさを感じます!

2010年04月12日

「ノニの日」です

nonitarou-0412.jpg


撮影:フィリピン・ダバオ (後方には、故郷サマール島)

2010年04月11日

ダバオ海の生活

nonitarou-0411.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年04月09日

リゾートホテル


nonitarou-100409.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年04月04日

「ブーゲンビレア」

nonitarou-3232.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

ここダバオにも、きれいな「ブーゲンビレア」がありました。 

思わず記念撮影タイムです。

青空をバッグに、「ハイ・チーズ」 カシャ!!

きれいに撮れましたでしょうか!

撮影:フィリピン・ダバオ、サマール島

2010年04月03日

「記念撮影ノニ」

nonitarou-3346.jpg

「ミラクルノニブルーベリー」・・・ サマール島にて記念撮影

2010年04月01日

「いつも満杯!」

nonitarou%201187.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です・・・

ダバオ市内のスナップ、ご覧下さいませ。

トラック、バス、バイク、あらゆる乗り物全て、限界まで詰め込みいたします。

50CCバイクに5人相乗り、朝夕ラッシュ時には、バス天井に乗り込むお客様も、

ここフィリピン・ダバオでは普通の光景です。

ノニ太郎、いつもながらたくましさを感じました!

2010年03月28日

「交通ラッシュ」

nonitarou-raxtusyu-3120.jpg


ハイサイ!ノニ太郎です。

休日、いかがお過ごしでしょうか!

ダバオ市内、以前に比べ交通量が増えました。

5年前にきた時とは大きな違いです。

そのひとつが「信号」の数。

市内3つしかなかったと記憶していますが、今は・・・

いたるところで目にします。ここダバオ市内は景気は上向きでしょうか!

2010年03月27日

「フルーツ王国」


nonitarou2836.jpg

撮影:フィリピン・ダバオ

2010年03月26日

「故郷で撮影」

DSC_3342.jpg


故郷・・・ フィリピン・ダバオ、サマール島

「ミラクルノニ100%(720ml)」   記念撮影です。

2010年03月02日

「野生の証」ノニ


野生のパワーが秘められています「ノニ」


%E9%87%8E%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%A8%BC.jpg


2010年03月01日

「ダバオの風景」


ダバオ郊外、普通の風景です。

懐かしい沖縄を思い出します。

dabaonofuukei%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20269.jpg

2010年02月24日

「ダバオの朝」


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%80%80100224.jpg

2010年02月20日

「ダバオの海」


nonitaroudabao-bi-chi.jpg

2010年02月19日

「マニラ空港」


manira-kuukou-noni.jpg

2010年02月11日

「朝日とノニ」

nonitoasahi.jpg

2010年02月04日

マニラの風景


nonitarou-manirashinainifuukei.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。

マニラ市内、車にて移動中写しましたスナップです。

二人の笑顔がとてもステキで、心が温まる感じがします・・・

2010年02月02日

「ノニ太郎」自然


dabaonoasa-100202.jpg

ハイサイ!ノニ太郎です。


ダバオ市内、すばらしい朝を迎えることができました。

澄んだ空気、青い空、自然のパワーを感じます。

「ノニ果実」にとって、すばらしい環境が整っています。

2010年01月26日

「天然ノニ」

tennnennnini.jpg


ハイサイ! ノニ太郎です。

「天然ノニ」・・・・日本(沖縄)では信じられない言葉でしょうか!

撮影場所は、フィリピン・「サマール島」、砂地に自生する「ノニ」

これぞまさしく「天然」です。年間を通して亜熱帯に位置し、台風の影響を殆ど受けない

すばらしい環境の中で自生しています。

代表するフルーツとしまして、「バナナ」、「ドリアン」が有名です。

特に「バナナ」の生産量は、世界でも屈指の量を誇ります。

「天然ノニ」は恵まれた大自然の中、人の手も借りず成長しています。

有用成分「スコポレチン」パワーは、自然の恵みだと感じた瞬間です。

2010年01月19日

「自生ノニと海」


%E8%87%AA%E7%94%9F%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%81%A8%E6%B5%B7.jpg

撮影:フィリピン・サマール島

2010年01月06日

「サマール島」

ノニ太郎です。

今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます!


nonitarouO2%20061.jpg



右手に見える島「サマール島」・・・

「自生ノニ」さん、今年もヨロシクノニ!

目の前には、沖縄の海にも勝るきれいな海と砂浜がありました。

2009年12月29日

「月とヤシの木」


フィリピン・マニラ郊外・・・


すばらしい朝を迎える事が出来ました。


「自生ノニ」、そしてすばらしい環境が存在していました。

nonitaroutomaniranoasa.jpg

2009年12月28日

「ダバオの朝」


ノニ太郎です、コンニチハ!


1月1日、すばらしい「初日の出」が見られますように・・・

dabaonoasa.jpg

2009年12月26日

ダバオ空港

「ダバオ空港」

nonitarou-dabao.jpg

2009年12月11日

「ノニ太郎」ヤシ


noniarou-1379.jpg

           撮影:フィリピン・ダバオ

2009年10月15日

「ノニ太郎」ヤシ

nonitarou.jpg


ノニ太郎です。

奥に見える島 「サマ-ル島」

海の色具合は、沖縄にも優るものがありました。

人、自然とのバランスが保たれている証。

海辺にはヤシの実が・・・

ノニ太郎  「ミラクルノニ100%」 ヤシの実を撮影。


ダバオには、日々の忙しさを忘れさせてくれる空間がありました。

2009年10月09日

ノニ太郎「自然」


nonitarou-091010.jpg

ノニ太郎です。


「サマ-ル島」・・・  手つかずの自然が存在します。


見渡す限り、ヤシの木 常夏の島 「ダバオ」


その恵まれた環境に、自生ノニが存在しています。


有用成分 「スコポレチン」 (果実末 130㎎含有/100g当り)


 抗菌作用の源は、自然が与えてくれたすばらしい財産です。

2009年09月21日

 「サマ-ル島」


nonitarou-090921.jpg

ノニ太郎です。

フィリピンの海と言えば、「セブの海」を連想いたします・・・

「サマ-ル島」にもきれいな海が存在します。

フィリピンに住む人にも、余りしられていないと思います。


最近、リゾ-トホテルを紙面で目にする機会が増えました。

自生する「ノニ」の環境が心配です。


これからも、きれいな海、自然が残りますように!

発展と自然との共存を望んでいます。

2009年08月26日

「ダバオの朝」

nonitarou%20090826.jpg

2009年07月10日

ダバオの風景

dabao%20090710.jpg

2009年06月30日

「フィリピン」の空


furipin%20%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%80%8020090630.jpg

2009年05月27日

マニラの空


sora.jpg


       (撮影:フィリピン・マニラ郊外)

2009年05月25日

発酵中です!

haxtukoucyuu.jpg

           撮影:フィリピン・ダバオ、サマ-ル島


自然発酵中「ノニ果実」、木から落ち、発酵を続けています。


果実の色具合は緑色から白っぽくなり、独特の臭いを放ちます。


自生ノニは、このようにして群生を築いているのでしょうか!


  

2009年05月10日

自生ノニ

%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO1%20078.jpg


          (撮影:ダバオ・サマ-ル島)

2009年05月06日

サマ-ル島と海


目の前に広がる島「サマ-ル島」


美しい島、すばらしい環境で「ノニ」は自生しています。

sama-ru1310.jpg

2009年05月04日

休憩中


dabao-1137.jpg

         (撮影:フィリピン・ダバオ湾)

2009年05月02日

ダバオの朝


dabao-1016.jpg

            (撮影:フィリピン・ダバオ

2009年04月29日

マニラ空港


%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO1%20006.jpg

    
          (撮影・フィリピン・マニラ空港)

2009年04月27日

収穫された「ノニ」


%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO3%20088.jpg

            (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年04月23日

ダバオは雨・・

ame.jpg


          (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年04月20日

ダバオ・全員集合

zenninn-1366.jpg


        (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年04月12日

リゾートホテル

1120-rizo-to.jpg

2009年04月06日

サマール島の自然


%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%2C%20138.jpg

         (撮影:フィりピン・サマ-ル島)

2009年04月04日

ダバオの朝日


dabao-1047.jpg

            (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年04月02日

ノニ果実の断面

%E3%83%8E%E3%83%8B%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E6%96%AD%E9%9D%A2%20112.jpg

          (撮影:フィリピン・サマ-ル島)

2009年03月31日

ヤシノ木と影

dabao-1118.jpg

          (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年03月30日

樽詰め作業・ダバオ


a href="http://www.nakazen.co.jp/noni/images/%E8%A6%96%E5%AF%9F%20111.jpg">%E8%A6%96%E5%AF%9F%20111.jpg


 (洗浄しましたノニを、樽に詰める作業を行っています)

2009年03月29日

ミラクルノニ100%


sama-ru1725.jpg


    (撮影:フィリピン・ダバオ、サマール島)

2009年03月28日

ダバオの風景

dabao-%20317.jpg
   
            (フィリピン・ダバオの風景)

2009年03月25日

チャイナタウン

6462%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

         (撮影:マニラ・チャイナタウン)

2009年03月20日

ダバオの海


%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%BF1168.jpg


          (撮影:フィリピン・ダバオ)


2009年03月19日

ダバオのバナナ

ノニ太郎です。


フィりピン・ダバオは世界でも有数の「バナナ」輸出国です。


日本・沖縄などの「バナナ」は殆ど、「デルモンテ」のブランドです。


撮影場所は、「デルモンテ」のバナナ畑。


ひとつ、ひとつ、大切に管理されています。

%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20287.jpg
 
           

2009年03月16日

ノニの大木と100%


%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20076.jpg

   (サマ-ル島に自生する「ノニ大木」とミラクルノニ100%)

2009年03月15日

ノ ニ 果 実

noni-5023.jpg

2009年03月13日

ミラクルノニパワ-


%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20034.jpg

          (撮影:ダバオ・サマール島)

2009年03月08日

サマール島とノニ

%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20103.jpg

          (撮影:フィリピン・サマール島)

2009年03月07日

サマ-ル島と海


1-1753.jpg

        (撮影:フィリピン・サマ-ル島)

2009年03月04日

ノニ果実・選別作業

ノニ太郎です。


ダバオ1次加工所、ひとつひとつ「ノニ果実」のヘタ取りと、


選別作業が行われます。


%E8%A6%96%E5%AF%9F%20121.jpg
 

2009年02月28日

ダバオの海


dabao-1282.jpg

            (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年02月26日

ダバオの風景


ノニ太郎です。

ヒッチハイク!それともタクシ-の依頼でしょうか・・・・


大自然の中で共存しています。


dabao-267.jpg

            (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年02月23日

ダバオの風景

ノニ太郎です。


画像は、フィリピン・ダバオ、「サマール島付近」の風景になります。


「台風」、「津波」等の影響がないのだと思います。


年間を通して温暖な気候と合わせて、周りを取り囲む自然が残っています。


「自生ノニ」が成長する、絶好の条件が揃っています。


1-S-%20033.jpg


2009年02月22日

マニラの風景

1-manira-2017.jpg


               (撮影:マニラ市内)

2009年02月20日

ミラクルノニ100%

%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20173.jpg

             (撮影:サマール島)

2009年02月19日

ノニの群生

noni-no-0406.jpg

2009年02月18日

ダバオの海

dabao-noumi-1293.jpg

              (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年02月16日

岩場に自生するノニ

iwabano-noni%20150.jpg

           (撮影:サマール島)

2009年02月15日

収穫されたノニ

syuukakunoni-%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20055.jpg

           (撮影:ダバオ加工場)

2009年02月14日

マニラ空港


manirakuu-6547.jpg

2009年02月13日

ダバオ市内の風景


dabao-1572.jpg

   
        (ダバオ市内:流し撮り)

2009年02月11日

ミラクルノニ100%


noni.jpg

         (撮影:サマール島)

2009年02月10日

真上から見たノニ

ue-%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20237.jpg

          (撮影:サマール島)

2009年02月09日

サマール島とノニ

noni-%20222.jpg

       (撮影:サマール島と自生ノニ)

2009年02月06日

マニラの朝

マニラの朝、一日のスタートです!


maniranoasa.jpg

   
            (マニラ市街にて撮影)

2009年02月04日

砂浜と自生ノニ

フィリピン・ダバオ、「サマール島」で写しましたスナップです。


民家は砂浜の側に建っています。その側に「自生ノニ」を発見しました。


土ではなく、砂地に自生しています。


厳しい場所ほど、「ミラクル」のパワーを感じます。


zoseinoni-%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20129.jpg


2009年02月03日

ダバオの海


dabao-sea-1232.jpg

          (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年02月02日

ヤシ並木

yashi1186.jpg


          (サマール島のヤシ並木)

2009年02月01日

自生ノニと砂浜

noni.jpg


              (撮影:フィリピン・ダバオ)

2009年01月31日

「ノニ100%」inダバオ

「ミラクルノニ100%」と自生ノニの記念撮影です。


創業40年「仲善」ベスト商品、この味、香り、一度飲むとわすれられない感触。

絶好調です!

sa-_1379.jpg


       (フイリピン・ダバオにて撮影)

2009年01月30日

ダバオの風景


dabao.jpg


        (ダバオ市内の風景)

2009年01月29日

マニラの馬さん

uma2045.jpg

マニラ・リサール公園、入り口付近で撮りましたスナップです。


何か照れているのでしょうか!カワイイ目ですね!

2009年01月25日

自生するノニ果実


2007%E5%B9%B4%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6%E8%A6%96%E5%AF%9F%20116.jpg

     (収穫されたノニ果実:撮影 サマール島)

2009年01月22日

リゾートホテル


rizo-to1122.jpg

            (ダバオ・リゾートホテル)

2009年01月17日

ノニの花


noni-114.jpg

             (撮影:サマール島)

2009年01月14日

サマール島と海

dabao-1307.jpg

            (サマール島と海)

2009年01月08日

ダバオの青空


dabao-1101.jpg

ダバオの空、空気が澄み切っています。

2009年01月03日

マニラの観光地

dabaoNO1%20179.jpg

           (撮影:マニラ市内)

2009年01月02日

ダバオの朝日

dabao-1003.jpg


               (フィリピン・ダバオ)

2009年01月01日

体に「いいノニ」

あけましておめでとうございます。

ノニ太郎です。今年も「ミラクルノニ」よろしくお願い申し上げます。

「フィリピン・ダバオ」生まれの「自生ノニ」

大自然のパワーを、今年も体感していただければと思います。

体に「いいノニ」、今年も元気いっぱいです。


1-DSC_1373.jpg

          (フィリピン・ダバオ 撮影)

2008年12月26日

喉のうがいにはノニ


おはようございます。


ノニ太郎です。体調の優れない方?特に喉の調子が気になる方!


ノニを口に含み、うがいをするような感覚で飲まれる事をお勧めいたします。


ノニの持つ抗菌パワーを体験することが出来ると思います。

(初めての方は、少量でお試しくださいませ)


ちなみに「ノニ」はもったいないですので、飲み込む事をお勧めいたします。


%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20219.jpg


      (サマール島とミラクルノニ100%)

2008年12月18日

白い砂浜とノニ


nonitarou-1338.jpg

        (ダバオ・タリクド島撮影)

2008年12月17日

チャイナタウン


ノニ太郎です。マニラ市内・チャイナタウンのスナップを紹介します。

露天市場がつらなるストリート、柑橘・カラマンシー?かもしれません。

manira-6464.jpg


沖縄で言えば、那覇市の公設市場を思わせるよう感じです!


2008年12月16日

ミラクルノニ100%

ノニ太郎です!ノニ100%の里帰りになります。


奥に見える島「サマール島」をバックに記念撮影です。


ヤシは自然のものを利用しました!きれいな海・まぶしいくらい砂浜はホワイトです。


burogu-1315.jpg


 (フィリピン・ダバオ・タリクド島にて撮影)

2008年12月15日

青空とノニ


ノニ太郎!

青空とノニ、元気パワー全開です。

aozoratononi-6574.jpg

2008年12月14日

チャイナタウン

チャイナタウンの1シーンです。

このような自転車が目に付きます!

ガソリンの高騰や、排気ガスの問題、エコな乗り物ですね!

manira-6393.jpg

2008年12月13日

マニラ市内

ノニ太郎です!


フィリピンの首都・マニラ

一般の観光のコースでは見られないスナップを中心に、紹介していきます。

manira6370.jpg

マニラ市内、「チャイナタウン」のスナップです。

2008年12月07日

最高峰の火山

「アポ山」、フィリピン最高峰の火山。


標高2,954m、フィリピンミンダナオ島南部ダバオ市の南西にあります。


dabao-6344.jpg

ダバオ空港と「フィリピンエアーライン」のスナップです。

dabao-6336.jpg

2008年11月19日

ノニ太郎とダバオ


こんばんは!ノニ太郎です。

4回目となりました、「フィリピン・ダバオ」

5泊6日の「ダバオの旅」をご覧くださいませ。


OK%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E8%A6%96%E5%AF%9F%E3%80%812008%E5%B9%B411%E6%9C%8811%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%20002.jpg

那覇空国、出発は雨です。

ダバオの天気予報は雨時々曇り・・・・・神様・晴れますよううに!

OK-2%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E8%A6%96%E5%AF%9F%E3%80%812008%E5%B9%B411%E6%9C%8811%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%20001.jpg

いざ、出発です。

2008年11月10日

あれから1年です。

ノニ太郎です。

去年マニラホテルで開催されました、「第3回沖縄世界長寿会議」から1年が経過しました。

現地マニラの新聞に、仲善のブースにて説明を受けている「アロヨ・フィリピン大統領」

が掲載されましょた。当時は大変興奮しました。(奇跡かと思いました)

OK%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20217.jpg


明日より、1年半ぶりの「ダバオ」に行けるチャンスが到来しまた。


来週又、お会いしましょう!


2008年11月09日

ノニ太郎・ノニの花

「ノニの花」、小さくてかわいい花を咲かせます!

OK%2CNO3%20134.jpg


周りには色々な昆虫が集まり、皆の人気者です!

2008年11月08日

ダバオの朝

OK%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO1%20039.jpg

              (ダバオ市内の朝)

2008年11月07日

マニラ郊外の風景


マニラ郊外のスナップです。普通の生活風景です。


OKDSCN5679.jpg


小さい頃、ちょうどドルを使っていた頃の沖縄を思い出します。


子供ですので、1セントが大切な宝ものでした!

2008年11月06日

ノニ太郎・マニラ

ノニ太郎です、マニラ郊外・レストランに向かうアプローチのスナップです。

OK5690.jpg


ブーゲンビレアの花、沖縄の風景と変わりない感じです。

料理は「シーフード」や「フルーツ」など、マニラならではの内容でした。


2008年11月05日

ノニ太郎・ダバオの風景

OK%20323.jpg

              (ダバオ市内の風景)

2008年11月04日

サマールとリゾート

OK%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20004.jpg


「サマール島」、ダバオの有名なリゾートホテルが小さな島にあります。


手付かずの島、自然が一番のセールスポイントになります。

一度は泊まってみたいなーと思います・・・・ノニ太郎です。


2008年11月03日

ノニ太郎・サマール島

OK%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6%E8%A6%96%E5%AF%9F%20480.jpg

  (ダバオ市内から船にて、サマール島に移動のスナップになります。)


2008年11月02日

岩場に自生するノニ


OK%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20259.jpg

   (サマール島・岩場に自生するノニの大木)

2008年11月01日

ノニ太郎・ダバオの朝


ダバオ・朝のスナップになります。


ちょうど朝日が昇り、30分後の撮影だったと思います。


「ヤシの木」、沖縄にもあります。ただまっすぐ伸びています。


フィリピン・ダバオの海岸線で見かけます「ヤシの木」はほとんどななめに傾いています。

OK%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO1%20025.jpg


不思議ですね!


2008年10月30日

ノニ果実とサマール


OK153.jpg


      (ノニ果実、手前の島は「サマール島」になります)

2008年10月28日

ノニ太郎・くるま


かっこいいー!「くるま」紹介します。


OK%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E8%A6%96%E5%AF%9F%20057.jpg


    マニラ市内を走ります「ジプニー」です。

2008年10月27日

ヤドカリと海

砂浜、目の前を「ヤドカリ」が横切ろうとしています。

目の前にある島が「サマール島」になります。

OKNO2%20143.jpg


聞こえるのは波の音、そして海岸沿いに「ノニ」が自生していました。

2008年10月26日

マニラ市内の風景


マニラ市内のスナップです。

ダバオよりも道路が舗装され、交通量も大変多い大都市になります。

「ジプニー」もさまざま種類があり、庶民の足として利用されています。


OK%EF%BC%89%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20149.jpg

2008年10月25日

ノニ太郎・ダバオの海


フィリピンの海、イメージてきには「セブの海」を想像しますが、


ダバオにもすばらしい海がありました!


OKNO2%20053.jpg

2008年10月24日

ノニ太郎・洗浄作業


洗浄作業の風景です。丁寧に洗浄されたノニが樽に詰められ、


沖縄に運ばれてきます。

OK%E5%AF%9F%20NO3%20098.jpg


2008年10月23日

ノニ太郎・マニラ湾

マニラ市内のスナップになります。

右側に見えます「マニラ湾」の夕陽は、有名なスポットになります。

OK%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO3%20220.jpg


2008年10月22日

ノニ太郎・ダバオの朝

ノニ太郎です。


ダバオ、朝一番太陽が昇ると同時に漁に出る2隻の船でしょうか!


独特な形をしています、沖縄でいえば「サバニ」に帆がついている感じです。

2008-1022-noni-%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20018OK.jpg

遠くに見えます島が「サマール島」です。

2008年10月21日

フィリピン・イーグル

こんにちは!ノニ太郎です。


以前にも紹介しました「フィリピン・イーグル・ファウンデーション」のスナップになります。


「ダバオ自慢のフイリピン・イーグル」に合える!


i-guru%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO2%20046OK.jpg


メインはなんといっても施設の名前になっている「フイリピン・イーグル」。


猿すら食べるといわれる鋭いくちばしと爪をもつタカの一種で、ダバオのシンボルです。


1980年初頭には約300羽いたものが、わずか50羽前後に激減しており、そのうち13羽がここで


保護されています。ここで初めて人口受精・ふ化・保育に成功した1羽が人気者で、

「パグアサ」(希望という意味)と名付けれれています。

2008年10月17日

ノニ太郎・発酵ノニ

サマール島、自生ノニが「発酵中」です。


%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96noni%20088.jpg

    (撮影:フィリピン・ダバオ、サマール島)

2008年10月16日

ヤシ採り「名人」

ダバオのヤシ採り名人でしょうか!

両手を使うのはあ当りまえですが、両足も巧みに使い高い木に、


するすると登り、あっという間にたどり着きました。

%E3%83%A4%E3%82%B7%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%90%8D%E4%BA%BA%20037-1.jpg

普通の人にはまねの出来ない技です。

2008年10月15日

ノニ太郎・ダバオの夜


今晩は、ノニ太郎です。

ダバオの夜、ホテルで変わった「花の筒」のような物を見つけました。


%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%EF%BC%88%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%80%81%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6%EF%BC%89%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO3%20040%20%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88.jpg


グラスが見えます、もしかしてコースターのような使い方でしょうか?

2008年10月14日

サマール島とノニ


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%80%81%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0NO1%20083.jpg

     (撮影:フィリピン・ダバオ、サマール島)

2008年10月13日

ノニ太郎・アポ山


フィリピンの最高峰「アポ山」

標高3144m。周辺には湖や滝、洞窟、急流など美しい自然が残されており、

ランやシダなど、貴重な野生の草花の宝庫ともなっています。

apoyama-1.jpg


        (撮影:フィリピン・ダバオ上空より)

2008年10月09日

ダバオの海

ノニ太郎です。


ダバオ・サマール島の隣にあります小さな島、きれいな海がありました。


スナップ写真から見ますと、地元の漁師さんが魚・貝などを収穫しています。


22008-1009-dabao-059.jpg


写真の右側に自生しています植物は「ノニ」、海岸線・厳しい岩場で生存しています。


2008年10月08日

ヤシ並木


おはようございます、ノニ太郎です。


「サマール島」、少し移動しまして海辺からヤシ並木を写して見ました。


2008-1008-yashi-NO2%20211.jpg


沖縄でもこのような光景はみられません、ヤシの実が斜めになっていても台風の影響がない為、

成長するのでしょうか!

2008年10月07日

上陸です。

ノニ太郎です。


ノニ自生地への上陸です。


今回のポイントは波も穏やかで、快適な上陸です。

2008-jyourukiNO2%20177.jpg

2008年10月06日

メニュー

ノニ太郎です、今週も宜しくお願いします。


今日ご紹介しますのは、ダバオのとあるレストランの「メニュー」になります。

2008-1006-no2menyu-%20473.jpg

「JAPANESE MENU」とかかれ、WELCOME TO DAVAO (ダバオへようこそ)


なんと!英文字で「みそ汁スープ」、「天ぷらソバ」、「野菜炒め」など・・・・・


日本と同じメニューがありました。


ここダバオは以前日本・沖縄からの移住が多く、その名残があるのかもしれません!

ちなみに味については、「まあまあでした」

2008年10月05日

ノニの花

今晩は、ノニ太郎です。

沖縄産「ノニの花」もあちらこちらで最近よく目にします。

カワイイ小さな花です♪♪


810-05-noni-6172.jpg

沖縄の紫外線をいっぱい浴びて、これからの成長が楽しみですネ!

2008年10月05日

ジプニー


ノニ太郎です、おはようございます。

フィリピンでは庶民の交通手段として、乗り合いバス「ジプニー」が

いたるところで活躍しています。


2008-2005-noni-%20635.jpg

スナップ写真は、ダバオで撮影しました。ご覧の通り中は満席です。


朝・夕のラッシュ時には、屋根の上に乗る人の姿も珍しくありません。

信号も少なく、かなりスピードを出す事もありあすが交通事故を見たことはありません。


不思議なバランスが取れているかもしれませんネ!

2008年10月04日

ダバオの砂浜と海

ノニ太郎です。

「フィリピン・ダバオ」1枚のスナップ写真を紹介します。

沖縄の海とも変わらない、白い砂浜とキレイな海が、「ノニ」が自生するダバオにありました。


2008-1004-dabaoboumi2%20109.jpg

2008年10月02日

ノニの「海水浴」

おはようございます。


ノニ太郎です、ノニの「海水浴」を発見しました・・・・・・?


2008-1002-sama-ru%E5%AF%9F%20224.jpg


実は、撮影用に収穫しました「ノニ果実」をイメージ的にきれいな砂浜に置き、


波と合わせて写しましたスナップになります。


砂浜の白さが「ノニ果実」を演出しています。

2008年10月01日

岩場に自生するノニ


ノニ太郎です。

今月も宜しくお願いします。

スナップ写真は、ダバオの海岸線に自生します「ノニ」です。

2008-1001%2CNONI2%20119.jpg


太陽の光と潮風に吹かれイキイキとしています。


2008年09月28日

ダバオの風景

ノニ太郎です、「ダバオ」ごく普通のスナップです。

さすが「バナナ」の産地です、店頭には必ず品揃えされています。

この辺りは信号はありません、何もかもがスロータイムのような感じがします。

年間を通して常夏、「ヨンナー」「ヨンナー」ですね!

dabao-2009-0928-%20317.jpg

2008年09月28日

ランチ


ノニ太郎です、おはようございます。

サマール島、ランチタイムでの一こまになります。

大きな「ノニの木」、そこには日陰が存在しています。


絶好のポジションでのランチタイムです。

2008-0928-sama-ru%20152.jpg

上を見上げますとノニの葉、太陽の強い日差しから守ってくれます。

2008年09月27日

ダバオの朝日


おはようございます。(グッド・モーニング)


ノニ太郎です!いつも見てくれて「サラマッー」!

ダバオの朝日ご覧下さい!後方に見える島「サマール」島、「ノニ」の島です。

2008-0927-%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20013.jpg

2008年09月26日

マニラ空港

ノニ太郎です。

いつもこの「マニラ空港」から、ダバオ・往復・沖縄へ移動しています。

1人で行く際には、時間に余裕を持って行動しください。


マニラ国際空港は大変込合う空港です。


安心な旅、ビジネスをエンジョイできます。

maniraNO3%20008.jpg

2008年09月25日

ノニ太郎・マニラ上空

おはようございます。


ノニ太郎です。ただ今フィリピン・マニラ空港を目指しています。

あとしばらくしまして、着陸態勢に入りますが窓からの眺めは最高です。


沖縄と同じように、離島が多い国です。空から見ます海の色もさまざまです。

2008-0925-NO2%20014.jpg


乗っています航空会社は「チャイナエアライン」、那覇空港での事故が思い出しますが、

今回のフライトは、快適な空を満喫しています。

2008年09月24日

沼地に群生するノニ


ノニ太郎です、おはようございます。

今日紹介します「自生ノニ」は、海ではなく「沼地」に群生しますノニです。

サマール島・海の近くで自生するノニを原料として使用していますが、

ここダバオでは、一般の方が知らない未知の「自生ノニ」がたくさんあります。


%E6%B2%BC%E5%9C%B0%E3%81%AB%E7%BE%A4%E7%94%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%8E%E3%83%8B%20427.jpg


スナップは沼地に自生しますノニです。ここでは、何十年以上の大きなノニの大木を見ることが


できました。又、山の頂上近くにもノニの群生があるそうです。

2008年09月23日

ノニ太郎・砂浜とノニ

ノニ太郎です。

サマール島、砂浜の近くに家が建っています。

台風や高波の心配はありません、又そこには「自生するノニ」が共存しています。

砂浜や岩場に自生する「ノニ」、自然のミネラルを一杯吸収しています。


sunahama.jpg

2008年09月22日

ノニ太郎・マニラ空港

こんにちは、ノニ太郎です。

今日紹介しますスナップは、マニラ空港内BOOKストアーのディスプレイです。

商品の見せ方はさまざまですが、色の使い方は南の島を思わせるカラーだと思います。

それを本で演出している所がとても気にいりました。


2008-09220manira%20018.jpg

2008年09月19日

ノニ太郎・ノニの大木


こんにちは、ノニ太郎です。


サマール島、海岸沿いに自生しています、「ノニの大木」


20080919-007-noni%20093.jpg

自然、そのままです・・・・

2008年09月17日

ノニ太郎・ダバオの空

おはようございます。

ノニ太郎です、各地方すっきりしない天候です。

すかっとした「ダバオの空」、どうぞご覧くださいませ!


2008-0917-%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%EF%BC%88%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA%E3%80%81%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6%EF%BC%89%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20038.jpg

2008年09月07日

ノニ・動物公園

ノニ太郎です。


以前紹介しました、ダバオ・「イーグル公園」を紹介します。

なぜかしら?「ワニ」さんがいました。


お昼ね中です・・・・・


2008-0907-%E8%A6%96%E5%AF%9F%20040.jpg


「イーグル」さんは、きれい好きです。

羽の整理でしょうか・たくましい羽です。


2080907-002-%E8%A6%96%E5%AF%9F%20019.jpg


2008年09月06日

ノニ・自生ノニ


こんにちは、ノニ太郎です。

サマール島に自生する「ノニ」


自然と共存しながら、たくましく育っています。

2008-0906-001-007-%20208.jpg

2008年09月05日

ノニ・おみやげ

今晩は、ノニ太郎です。


「フィリピンお土産プレゼント」 たくさんの応募ありがとうございます。


Mr エルウィンさん、関係者の皆様ご協力ありがとうございます。


2008-0905-NO2%20070.jpg

ダバオは常夏の島です。日本はこれから少しずつ秋風が吹き、季節が少しずつ変化していきます。

予想よりも多くの応募が来ています。是非お早めに応募お待ちしております。


ありがとうございます。(ノニ太郎) 「サラマー」!!

2008年08月30日

ノニ太郎・ファミリー


こんにちは、ノニ太郎です。


ひさしぶりに家族全員集合です。


2008-083-001-noni.jpg


              (撮影:サマール島)


今後とも、「ノニ・ファミリー」よろしくネ!

2008年08月29日

ノニ・スイートルーム

こんにちは、ノニ太郎です。

マニラ・「マニラホテル」内にあります、「スイートルーム」を紹介します。

2008-0829-NONI.jpg


ここは、一般の方は入る事が出来ません。特別なお願いをしまして見学することが出来ました。


2008-0827-NONI2.jpg


あの有名な「マッカサールーム」なのです。当時のまま保存されています。


今でも使えるりっぱな「スイートルーム」です。


当時を考えますと、すごく贅沢な部屋だったと思います。


(569~573までの部屋数を使用しています)

でも責任は重大な仕事だったと思います。


貴重な体験でした!

2008年08月27日

ノニ粒・リゾート

ノニ太郎です。


サマール島、島内にはすばらしいリゾートホテルが幾つもあります。


2008-0827-NONI.jpg

サマール島の向かいにあります小さな島、プライベートなリゾートホテルでしょうか!


2008年08月26日

ノニ・サマール島

ノニ太郎です。


今週、フィリピン・ダバオから、現地加工場、マネージャーの


「Mr・エルウィン」さんが来沖します。

2008-0826%20423.jpg

     (2006年・サマール島、自生ノニとエルウィンさん)

「ミラクルノニ・100%」を片手に持つエルウィンさん、今回は1次加工場から出荷された「ノニ」


がどのような工程を経て、商品に生まれ変わるのか体験してもらうのが目的です!


初めて沖縄・仲善に来てもらい、情報交換と友好関係がもっと深まってもらえばと思います。


又、数量限定のプレゼントも準備しています。お楽しみに・・・・

2008年08月24日

ノニ粒・岩場とノニ

ノニ太郎です。こんにちは!


ダバオ・サマール島にて撮影しました。

岩場、大変厳しい場所で「ノニ」が自生しています。

20080824.jpg

ミラクルのパワーは、生命力の強さから来ていると思います。

2008年08月22日

ノニ太郎・ダバオの海


ノニ太郎です、こんにちは!


ダバオの海と自生します「ノニ」のスナップになります。

海風のパワーを受け、たくましく育っています。

日陰からの撮影ですが、海はとてもきれいな色合いです。


20080822-NON1.jpg


2008年08月17日

ノニ太郎・自生ノニ

08174.jpg

            (サマール島と自生ノニ)

2008年08月16日

ノニ・仲善のこだわり


0816.jpg


            (フィリピン・ダバオ加工場にて撮影)

2008年08月14日

ノニ・ダバオの夕陽

こんにちは、ノニ太郎です。

ダバオ加工場での取材が終了しました、ホット一息!

空を見ますと、きれいな夕陽です。沖縄もダバオもきれいな夕陽です。

0814.jpg


       (フィリピン・ダバオ、加工場から見た夕陽)

2008年08月12日

12日は・ノニの日


ノニ太郎です!


毎月12日は、「ノニの日」です。

サマール島から応援のエールが届いています。


「チバリヨー!」


0812.jpg

          (フィリピン・ダバオ、サマール島にて撮影)

2008年08月10日

ノニ マニラ郊外

ノニ太郎です、マニラ郊外のストリートのスナップになります。

独特な雰囲気をもっています。


以前の沖縄のような雰囲気と、懐かしさが感じられます。


0810.jpg

2008年08月09日

ノニ・イーグルセンター

こんにちは、ノニ太郎です。


フィリピン・イーグルセンターで写しましたスナップです。

ここには、絶滅の恐れがあります「フィリピンワシ」が保護されています。


2006%E5%B9%B4%202%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E27%E6%97%A5%E3%80%800809.jpg

他にも、植物、ワニ、いろいろな動物・植物を見ることができます。

2008年08月08日

ノニ・サマール島

ノニ太郎です。

ダバオ湾から、サマール島に向かう途中のスナップになります。

奥に見える場所が上陸ポイントになります。


ここに来るまで途中、かなりバンカーボートが揺れるポインを抜けて

ほっした状態での撮影です。船酔いはイヤですね!

2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20014-0808.jpg


見渡す限り「ヤシノ木」がサマール島を覆っています。

2008年08月07日

ノニ100%・No1

おはようございます、ノニ太郎です!

暑さを吹き飛ばすパワーを持っています。


ミラクルノニ・100%、おかげさまでNO1の売上です。


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%BB%E9%87%8E%E7%94%9F%EF%BE%89%EF%BE%86%E8%A6%96%E5%AF%9F%EF%BC%88%EF%BD%BB%EF%BE%8F%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%B3%B6%EF%BC%89%20165.jpg


                (ダバオ・サマール島、撮影)

2008年08月06日

ノ ニ バナナ畑


おはようございます、ノニ太郎です。

スナップは、ダバオにあります(デルモンテ)バナナ畑です。

果てしなく広がるバナナ畑、はるか遠くまで続いています。

最近では中国の需要が増え、そして沖縄の旧盆商品にも貢献しています。

ノニ果実もダバオから入荷していますが、身近なバナナやパイナップル等も

利用され、改めて沖縄との深い関りを感じます。


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80290-0806.jpg

2008年08月05日

ノニ・収穫したノニ

フィリピン・ダバオ、サマール島・・・・

ノニ太郎です。

今回取材で収穫しました「ノニ果実」、形・大きさ・色さまざまです。

自然そのもです!

2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20257-0805.jpg


「ヘタ」の部分がいきいきしています。

2008年08月04日

ノニ・ノニの大木


ノニ太郎です。


今週もよろしくお願いします。


ダバオ地方、海岸線に自生しますノニを紹介してきました。


うわさによりますと、沼地、山の頂上にも自生するノニがあるそうです。


スナップは沼地に自生するノニの大木です、165cmの男性とノニの大木!


その大きさをを実感できると思います。


ノニ太郎も初めて大きなノニの大木をみました。樹齢どれくらいなのでしょうか!

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%20448-0804.jpg

2008年08月03日

ノニ・ランチタイム


ノニ太郎です。

今回の取材中唯一ゆっくりくつろいだ、ランチタイムです。

まるで沖縄のビーチパーティーを思わすよなシーンです。

砂浜がとてもきれいです。

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5NO2%20166-0803.jpg


2008年08月02日

サマール島とノニ


こんにちは!ノニ太郎です。


今日の、お天気はどうですか!

スナップは、サマール島の青空と自生する「ノニ」。


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%202250802.jpg

空気も空も澄み切っています。

2008年08月01日

ノ ニ  浜 辺

ノニ太郎です。


フィリピン・マニラから8時間・・・・海岸のスナップです。


20080425%E3%83%BB085-0801.jpg


自宅の庭の側に広がる海岸線、すばらしいシーンです。

見渡す限りだれもいません・プライベートな海岸になると思います。

時間を忘れる空間、以前ここにも「ノニ」があったそうです。

2008年07月31日

ノニ・岩場に自生


ノニ太郎です、おはようございます。

フィリピン・ダバオ、「サマール島」

岩場に自生します「ノニ」のスナップです。

6222-26-001-0731.jpg


自然とノニが共存しています。

2008年07月28日

ノニ・ノニの花

コンニチワ!ノニ太郎です。


沖縄本島、台風の影響で雨・風が強く吹いています。


ダバオは、台風の影響がほとんどありません(植物にとっては絶好の環境です)


そんな環境で育つ「ノニの花」、小さな白い花です。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO3%20001-0728.jpg


2008年07月27日

ノニ・サマール島


ダバオ・サマール島

スナップは、向かいの島から「サマール島」を写してみました。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20111-0727.jpg

2008年07月26日

ノニ・自生するノニ


ノニ太郎です。

フィリピン・ダバオ、サマール島


向かいの島「Talikad アイランド」、岩場に自生するノニ果実のスナップです。

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20116-0726.jpg

2008年07月24日

ノニ原液・ダバオの海


ノニ太郎です。


海が恋しいこの頃です。

リラックスタイムに!ダバオのきれいな海の紹介です。

海の色は、ブルー・エメラルドグリーンに近いすばらしい色合いです。

岩場の植物!実は自生します「ノニ」です。海のやさしさとノニのパワーをお伝えします。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20056.jpg

2008年07月22日

ノニ原液・ノニと海

ノニ太郎です。

ノニと海、海水浴でしょうか?

それにしても、まぶしいくらい砂浜はホワイトです。


                

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%E5%B3%B6%E8%A6%96%E5%AF%9F%20222.jpg


              (フィリピン・ダバオにて撮影)

2008年07月21日

ノニ原液・サマール島

ノニ太郎です。

サマール島の岩場に自生すノニのスナップです。


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20221-1.jpg

2008年07月20日

ノニ原液・ノニ100%

フィリピン・ダバオ、サマール島と「ミラクルノニドリンク・100%」


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20109.jpg

故郷の海と自然を満喫しています。

フィリピン生まれ・沖縄育ち・ノニジュース100%です。


リピートNO1、お勧めの1本です。

2008年07月17日

ノニ原液・ダバオの空

今晩は、ノニ太郎です。


沖縄県内、台風の影響で不安定な一日です。


急な雨や風に注意しましょう!


フィリピン・ダバオは台風の影響は1年を通して殆どありません。

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO3%20097-0717.jpg


ダバオは気温・湿度・気圧など年間の変化が少なく、農業生産にとっては大きな利点です。


もちろん「ノニ」もその影響を受けています。


ダバオ市は行政面積、都市としては世界最大の広さです。


それにしても、きれいな青空です。

2008年07月16日

ノニ原液・砂浜と海


ノニ太郎です、


きれいな海と砂浜、そしてモモタマナ!


まるで「沖縄の風景」と間違えてしまそうなスナップです。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%2CNO2%20089-0716.jpg

サマール島の向かいにある島 「Talikad・アイランド」の風景です。


モモタマナは、沖縄ではよく日陰として利用され大変ありがたい木です。


サマール島でも、ノニの木陰でランチをしましたが自然はいいですね!

2008年07月14日

ノニ原液・岩場とノニ

ノニ太郎です。

今週もよろしくお願いします。

スナップは、サマール島の向かいの島・Talikad・アイランド

岩場に自生します「ノニ」です。

80714-1.jpg


このあたりでは、岩場とか砂浜の近くに自生しますノニを良く見かけます。

普通の植物とは異なるパワーを秘めています。

2008年07月13日

ノニ原液・ノニと空


ノニ太郎です。

ダバオの澄み切った青空とノニの木


2007%E5%B9%B4.jpg


太陽の光をたっぷり浴びて、「スコポレチン」のパワーが充填されるのでしょうか!

2008年07月12日

ノニ原液・サマール島

ノニ太郎です!


暑い日が続いています。


夏バテには、「ノニ100%」!体の中から元気にしてくれるジュースです。


元気の秘密?それは自然のパワーから来ています。

2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB-0712.jpg

Talikad アイランドから見ました、「サマール島」


自然の中でノニは成長しています。この環境がパワーの源だと思います。


毎月12日は「ノニの日」です。是非一度は体験していただければと思います。


100%・原液 「ミラクルノニ100%」

2008年07月10日

ノニ原液ジュース


ノニ太郎です。


ミラクルノニシリーズ、一番ご注文が多いのが「ミラクルノニ100%」


自身を持ってお勧めいたします。


フィリピンに自生するノニ果実だけを原料に厳選。原料から製品化までの品質管理。


添加物を一切加えないノニ原液ジュースならではの本物の濃さと匂い(タマラナーイ・ノニ)


リピート率の高い人気商品です。


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%207%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20503-0710.jpg

生まれ故郷「サマール島」から、日本の皆様・よろしくお願いします。

2008年07月09日

ダバオのリゾート


ノニ太郎です。


雰囲気を変えまして、ダバオ・プールサイドのスナップご覧下さいませ。


沖縄地方、気温33度夏真っ盛りです。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%2CNO3%20118-0709.jpg

2008年07月08日

ノニの木陰で休憩

今晩は、ノニ太郎です。


サマール島、海岸線・日中は木陰がなく大変な猛暑です。

ノニの大きな木の下で休憩中です。


2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20159.jpg

2008年07月07日

ノニ太郎・島の家

ノニ太郎です。


サマール島の向かいにあります「Talikad Island」のスナップです。


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%2CNO2%20033-0707.jpg

ご覧の通り、自然の中に人間が生活していいます。


海の側に家が建てられ、岩陰にはノニの様な植物も自生しています。


1人乗りのバンカー、洗濯物、生活の匂いがします。


多分津波や台風の影響はないのでしょう!


この環境が、ノニの生育には好ましい条件になっていると感じました。

2008年07月06日

ダバオ・サマール島

おはようございます。


ノニ太郎です。

沖縄は快晴です。


フィリピン・ダバオ、サマール島と元気なノニのスナップです。


大自然ときれいな海岸で成長しています。

2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20215.jpg


2008年07月05日

ノニ太郎 み ち


ノニ太郎です。


最近、身近に環境問題について触れる機会が多くなりました。

昔にタイムスリップすれば、どうでしょうか!


S2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20270-0705-1.jpg

のどかな雰囲気です。自然の風が心地よく感じます。


(ダバオ郊外のスナップです)


信号もなければ、エアコンもありません。自然のままです。

S2006%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E3%83%BB10%E6%97%A5%E3%80%80%20269-0705-02.jpg


ストリートは続きます。


日陰が憩いの場所だと思います!

2008年07月02日

メトロ・マニラ

ノニ太郎です。


マニラ市内の風景です。

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20NO3%20002-002.jpg


ホテルの窓越から写しました1枚のスナップです。


沖縄で見る景色とは異なり、市内は大都会です。フィリピンの首都、メトロ・マニラ。

想像を超えた高層ビル、少しスモッグがかかりに東京を思わせる雰囲気です。

2005年の人口は87,857,473人、2020年には1億人を超える予想です。

豊富な労働力を持つ国になる可能性があります。


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20NO3%20220-01.jpg

反対側は、マニラ湾が一望できました。観光としての有名な景観です。

残念ながら夕陽を写す事は出来ませんでしたが、海とヨット、そして夕陽はマニラを訪れる方は、

是非ご覧頂ければと思います。

2008年07月01日

懐かしいコーラ

ノニ太郎です。


懐かしい感じがします、スナップ1枚紹介いたします。


撮影場所はフィルピン・ダバオ、どうぞご覧下さい!

S2006%E5%B9%B4%202%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E27%E6%97%A5%E3%83%BB%20008-0701.jpg


懐かしいと思った「あなた」、年齢が近いかも知れません。

ドル時代の沖縄でよく見ました販売風景です。

1リットル・瓶入りサイズで、コカ・コーラ、スプライト、ペプシ・コーラが販売されています。

側ではペットボトルのドリンクがあり、時代により商品も変化していると感じました。

用途的にはペットボトルが便利になり、現在の主流だと思います。

ちなみに瓶入りの炭酸飲料の喉越しは最高です。

ノニ太郎は瓶のコカコーラ、スモールサイズが最高です!(スカットします)

2008年06月29日

ジープニー(バス)


ノニ太郎です。


フィリピンの代表的なバス、ジープニー。

353.jpg


ジープー又はジプニーと呼ばれています。フィリピン全土で走っています乗り合いバスです。

バス停にあたるよう停留所もありますが、それ以外でも乗り降りが出来ます。

運賃は、運転手に届かない場合は隣の人からリレー式に渡され、おつりの場合も、

リレー式でも戻ってきます。スナップのバスは10人のりだと思いますが、ギュギュー

詰まった状態です。大型の場合、中に入れない場合にはには屋根の上に乗ります。

日本ではとてもまねが出来ません。

F18-11.jpg


車からの流し撮りです、ダバオの果物「ドリアン」、が販売されています。


F20-22.jpg


トラックに詰まれています商品を見ますと、沖縄でいえば島バナナとヤシの実でしょうか!


熱帯的な果物・植物です。

2008年06月22日

リサール 公 園

ノニ太郎です。

フィリピン・マニラにあります「リサール公園」の紹介です。


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BBNO3%20197-0622-02.jpg

マニラ地区の中央にあり、市民のいこいの場として親しまれています。

広々とした公園の中は、芝生が張り巡らせ、美しい花や樹木が配置よく植えられています。


写真では紹介出来ませんが、「ノニの木」のような物もありました。

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%E3%80%80%20NO3%20196-0622-01.jpg


スナップは「サンチャゴ要塞」です。

1571年から150年もの年月を費やして作られ、

マニラ湾の動向が視認出来るい位置に築かれています。

現在は、独立運動の英雄リサール記念館として公開されています。

2008年06月21日

ダバオのリゾート

ノニ太郎です。


ダバオ・リゾートの紹介です。

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%20NO3%20013-0621-01.jpg


フィリピンと言えば「セブ」や「ネグロス島」が有名ですが、国内第二の都市

ダバオにも、リゾート気分が味わえるすばらしいホテルや自然が満載です。

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%E3%80%80%E8%A6%96%E5%AF%9F%20NO3%20015-0621-02.jpg

ダバオの街はみどりがつづき、美しい海に囲まれた平和な街です。

2008年06月20日

マ ニ ラ の夜

今晩は、ノニ太郎です。


今日はブログアップが遅れまして申し訳ございません。


夜のマニラ市内のスナップです、金曜日は深夜にかけて大渋滞です。


東京と同じ大都市マニラの夜です。

S5640-0620-007.jpg

2008年06月17日

ノニ太郎 朝一番


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20018.jpg


日の出と共に漁に出発です。後ろに見える島はサマール島です。

2008年06月11日

ノニ太郎・マニラの朝


ノニ太郎です。


フィリピン首都・マニラ空港で撮影しました朝日です。

S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%20760-0620-7.jpg


日本とマニラの時差は1時間です。


S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB767-9610-8.jpg

2008年06月10日

ノニ太郎 熱帯植物


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20NO2%20036-0610-001.jpg


ノニ太郎です!

ダバオ市内にあります、ダバオイーグルセンター植物園内の

スナップになります。

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20037-0610-002.jpg


沖縄ではあまり見られないような植物ばかりです。

赤色の植物は、亜熱帯の雰囲気を漂わせます。

2008年06月07日

ノニ太郎 ヤドカリ


S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20150-0607-001.jpg


ノニ太郎です。


フィリピン・ダバオ・砂浜をヤドカリさんが歩いています。

(沖縄の海ではありません)


足跡ひとつない、そんな砂浜です。


ここにも癒しのスペースがあります。

S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%2CNO2%20062-0607-002.jpg


一度は行ってみたい!あなただけのプライベートな海です。


ノニ体験ツアー、どうですか!

2008年06月05日

ノニ太郎 朝 日


S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%E3%80%80%20019-0605-1.jpg

ノニ太郎です。

おはようございます。

すばらしい朝日です。今日もよろしくお願いします。

             (フィリピン・ダバオ)

2008年06月03日

リサール公園

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20NO3%20185-603-002.jpg


      (フィリピン・マニラ リサール公園)

2008年05月31日

ノニ太郎 リゾート

S%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%E5%B9%B4%E3%80%802%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%BD%9E26%E6%97%A5%E3%83%BB%20NO3%20043-531-001.jpg


ウォーターフロント インシュラー ダバオ

2008年05月30日

ノニ太郎 ノニと海

S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BBNO2%20117-530.jpg


岩場の厳しい環境に自生してるノニ、砂浜、海も最高にきれいです。
            
               (フィリピン・ダバオ)

2008年05月29日

ノニ太郎 夕 陽


S2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB%2CNO3%20264.jpg


           (フィリピン・ダバオの夕陽)

2008年05月26日

ノニ太郎・ノニと砂浜


2007%E5%B9%B4%E3%83%BB7%E6%9C%8810%E6%97%A5%EF%BD%9E16%E6%97%A5%E3%83%BB8526-%20222.jpg

              (フィリピン・ダバオ)

2008年05月23日

ノニ太郎 貝の化石

622-26-133.jpg

             (サマール島・貝の化石発見)

2008年05月23日

ノニ太郎 船

622-26-043.jpg

このコンテナ船に積まれたノニ果実が、沖縄に入港いたします。

          (フィリピン・ダバオ湾のコンテナ船)

2008年05月21日

ノニ太郎 青 空


6222-26-002%20burogu.jpg


            (サマール島・青空とノニ)


2008年05月21日

ノニ太郎 自生ノニ

6222-26-001burogu.jpg


         (サマール島・岩場に自生しているノニ)

2008年05月21日

ノニ太郎 海人


F19.jpg


             (ダバオ・サマール島の漁師)

2008年05月20日

ノニ太郎 ミラクルノニブルーベリー

F18.jpg

          (サマール島・ミラクルノニブルーベリー)

2008年05月20日

ノニ太郎 ダバオの朝


F17.jpg


        (フィリピン・ダバオの朝)


2008年05月19日

「ノニ太郎 ノニ果実と花」

F16.jpg


             (サマール島・自生ノニ)


2008年05月19日

ノニ情報満載です!

noni_blog_ban_ar.jpg


 



 



ノニ情報満載です!


2008年05月19日

「ノニ太郎 ダバオの風景」


F14.jpg


           (フィリピン・ダバオ市内)


2008年05月18日

「ノニ太郎 サマール島・海とノニ」


F13.jpg


            (ダバオ・サマール島の風景)


2008年05月18日

「ノニ太郎 ミラクルノニドリンク」


F12.jpg


              (ダバオ・サマール島)

2008年05月17日

「ノニ太郎 自生ノニの花」

F10.jpg

          (サマール島・自生ノニの花)

2008年05月17日

「ノニ太郎 サマール島のリゾート」


F11.jpg


          (ダバオ・サマール島リゾートビーチ)

2008年05月16日

「ノニ太郎 ダバオの夜」

F9.jpg


            (フィリピン・ダバオの夜)

2008年05月16日

「ノニ太郎 ミラクルノニ100%」


F8.jpg

      (サマール島、自生ノニとミラクルノニ100%)

2008年05月16日

「ノニ太郎 サマール島と自生ノニ」

F7.jpg


           (フィリピン・サマール島の風景)

2008年05月15日

「ノニ太郎 ダバオの朝」

F6.jpg

               (フィリピン・ダバオの朝)

2008年05月14日

「ノニ太郎 サマール島の風景」

F3.jpg

(フィリピン・ダバオ・サマール島)

| ▲ このページのトップへ |