ウコンとの出逢いを大切に、
皆さまと共にこれまで
歩んできました!

こんにちは、仲善の仲本勝男です。私が最初にウコンに出会い、商品化してから34年がたちました。健康食品への関心が少ない頃、那覇市公設市場のおばぁたちが一生懸命ウコンを広めてくれました。やがて観光のお客様を中心に評判が広まり、「春ウコン」はマスコミでも大きく取り上げられるほどになりました。多くの皆様の健康作りのお役に立てて嬉しい限りです。これからも安心・安全を第一にお客様の健康のお手伝いをしていけたらと願っています。

3種類のウコンをご紹介!

国内では、主に沖縄、種子島、石垣島、奄美大島、鹿児島などで栽培されているます。その中で沖縄は、日本最大のウコン産地として有名です。亜熱帯植物なので、ギラギラと照る太陽と肥沃な土壌が豊富な沖縄は産地として適しているのでしょう。ウコンの歴史は古く、邪馬台国の卑弥呼も愛用し、中国の王に献上したといわれてます。また、江戸時代の八代将軍徳川吉宗が、栽培に成功し、人々に広まったといわれてます。ウコンには様々な種類があり、その中でも商品として販売されているのは、「秋ウコン」、「春ウコン」、「紫ウコン」がほとんです。

ウコンとの出逢いを大切に、
皆さまと共にこれまで歩んできました!

こんにちは、仲善の仲本勝男です。私が最初にウコンに出会い、商品化してから34年がたちました。健康食品への関心が少ない頃、那覇市公設市場のおばぁたちが一生懸命ウコンを広めてくれました。やがて観光のお客様を中心に評判が広まり、「春ウコン」はマスコミでも大きく取り上げられるほどになりました。多くの皆様の健康作りのお役に立てて嬉しい限りです。これからも安心・安全を第一にお客様の健康のお手伝いをしていけたらと願っています。

国内では、主に沖縄、種子島、石垣島、奄美大島、鹿児島などで栽培されているます。その中で沖縄は、日本最大のウコン産地として有名です。亜熱帯植物なので、ギラギラと照る太陽と肥沃な土壌が豊富な沖縄は産地として適しているのでしょう。ウコンの歴史は古く、邪馬台国の卑弥呼も愛用し、中国の王に献上したといわれてます。また、江戸時代の八代将軍徳川吉宗が、栽培に成功し、人々に広まったといわれてます。ウコンには様々な種類があり、その中でも商品として販売されているのは、「秋ウコン」、「春ウコン」、「紫ウコン」がほとんです。

春ウコンは春にピンクの花穂をつけ、根茎は鮮やかな黄色。食べると独特の清涼感が口に広がります。歴史的に見ると、琉球王朝時代には、政府による厳しい管理体制が敷かれるほど貴重な植物とされた春ウコンには、カンファーやシネオールといった体にいいとされる精油成分が含まれます。さらに、一般的なお野菜に比べ、ミネラル等の栄養成分が多く含まれており、その高い機能性から「ウコンの王様」と言われています。

うっちん(ウコンの沖縄方言名)はショウガ科の多年草で、原産地はインドとされています。一般には「秋ウコン」と呼ばれていますが、「ウコン」が正式な植物名です。英語でターメリックと呼ぶ、カレー粉に入っているあの黄色いスパイスのことです。また、沖縄では1960年代頃から、うっちんの可能性が再び注目されるようになり、産業化への取り組みが始まります。それ以来、二日酔いの防止や肝機能を強化する効能が認められて、現在のうっちんブームにつながっていくのです。

紫うっちんは成長すると高さが1mほどになるショウガ科の多年草です。春に芽を出し、夏になると穂状の淡黄色の花(花穂)を咲かせます。原産地はインドのヒマラヤ方面といわれ、ベトナム、タイ、ビルマ、中国南部などで栽培されています。日本では、沖縄をはじめ屋久島や五島列島などで栽培されています。 根茎を切ると薄い紫色の筋が見えることから、沖縄では昔から「紫うっちん」と呼ばれてきました。一説によると、明和年間に空海が修業先の中国から日本に持ち帰ったとされています。

製造工程

大切に育てられたウコンだから、
お客さまへ喜んでいただけるよう、
一つ一つ大事に、
愛情込めてつくっています。

一つの根茎から、お茶製品、粉製品、粒製品と、使われる原料はほとんど何も捨てずに生かされます。

また添加物をほとんど加えないから、素材そのものを生かし体にやさしい商品づくりをこだわってます。

  • 自然の恵みで育んだ力強いウコンの葉。

  • 契約農家さんからウコンの根茎が入荷。

  • 手作業で綺麗に洗浄していきます。

  • 遠心分離機で綺麗に皮を剥きます。

  • 綺麗にスライスされたウコンを取り出します。

  • 乾燥機で一気に乾燥します。その後、お茶製品として加工されていきます。

  • この工程を終えて、滅菌処理を終え、袋詰めすると粉商品の完成です。

  • 粉砕された粉を、添加物を加えず風味を素材本来の良さを生かしたまま、粒商品に仕上げていきます。

  • 最後は、専用の容器に充填して完了です。

FAQ

ウコンについてのよくあるご質問

  • Q. 産地はどこですか?
    A. 原料となるウコンは、沖縄とインドネシアの契約
    農家から、良質のウコンを仕入れています。
  • Q. いつ収穫されますか?
    A. 秋ウコン、春ウコン、紫ウコンと収穫時期はほぼ同じで、毎年1回の収穫で、12月から2月ぐらいまでが収穫の時期になります。
  • Q. 製品はどこでつくられるのですか?
    A. 収穫されたウコンは、自社工場まで運ばれ、洗浄からスライス、乾燥、粉砕などの工程を経て、指定の容器に入れ、出荷まで自社工場で行います。
  • Q. 病院の薬といっしょに飲んでも大丈夫ですか?
    A. ウコンは医薬品としてではなく、一般的な食品として扱われています。1日の目安量の範囲内で飲んでいれば、とくに問題はないとされています。
  • Q. 妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?
    A. ウコンは食品ですので、体質や対象に合わせてお試し下さい。とくにご心配なさることはありませんが、妊娠初期の段階には、一度担当の医師にご相談することをおすすめいたします。
お客様から頂いた嬉しい声の紹介

お客様から頂いた嬉しい声の紹介

うっちん粒商品

安心してお酒を楽しんでます!
私のお気に入りは「うっちん粒」です。お酒が好きなのでついつい飲みすぎがちです。
お酒を飲みすぎても「うっちん粒」を飲んでいるおかげか、ほとんど二日酔いをしなくなりました。とても助かっています。安心してお酒を楽しんでいます。

兵庫県 男性 40代

春うっちん粒商品

うっちんの出会いに感謝です!
家族で飲んでいます。風邪をひくことがなくなりました。体調がとっても良いです。これからも続けて行きます。うっちんとの出会いに感謝します。

女性 50代

春うっちん粒商品

疲れが残らない!
育児疲れで子供と9時に就寝しないと翌日疲れがとれませんでした。春うっちんを食してからは仕事が始められるくらい翌日疲れが残らないようになりました。今では主人と二人毎日飲んで元気に過ごしています。

宮城県 女性 40代